警備資料

アクセスカウンタ

zoom RSS GW目前、ヘリで救助訓練 三重県警が初公開 事故注意を呼び掛け

<<   作成日時 : 2018/04/24 11:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

三重県警は23日、津市雲出鋼管町の中勢沿岸流域下水道雲出川浄化センター内で、警察航空隊と機動隊による合同訓練を開き、県警8人乗りヘリ「航空いせ」を使った救助訓練などを実施した。報道への公開は初めてで、この4月に発足した地域課内の山岳警備係も初めて参加した。

 県警地域課によると、昨年1年間の山岳遭難の件数と救助者数は57件76人(前年比同件3人増)で、中でも5月は10件12人と年間を通じて一番遭難の発生件数が多かった。

 同隊などは有事に備えて毎月定期的に合同訓練を実施。春の行楽期を直前に控え、山岳遭難や水難事故の発生が懸念されることから、事故への注意喚起も兼ねて訓練が初公開された。

 この日は、約25メートル上空を飛ぶヘリからワイヤを使って降下し、要救助者を専用の器具で固定してヘリに収容する訓練や、ロープを使ってヘリから降下する「リベリング」と呼ばれる訓練が公開された。

 山岳遭難に対する指導力強化や資機材教養などを目的に発足された山岳警備係長として初めて合同訓練に参加した仲本瑛司警部補(30)は、「急な出動があったときも落ち着いて臨むようにしたい」と話していた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
GW目前、ヘリで救助訓練 三重県警が初公開 事故注意を呼び掛け 警備資料/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる