警備資料

アクセスカウンタ

zoom RSS 即位儀式で使う「高御座」公開 8月にも極秘移送へ

<<   作成日時 : 2018/04/17 17:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

来年10月、新天皇即位を宣言する儀式で使われる玉座が公開された。

 新天皇が即位を国内外に宣言される玉座高御座と新皇后が立たれる御帳台が公開された。奈良時代からの伝統を持つ高御座。特徴的な八角形は大八嶋国と呼ばれた日本の国土を表すともいわれる。中には、畳と敷物を敷いた上に漆仕上げの椅子が置かれる。今の天皇陛下も使われたこの高御座は約100年前、1915年の大正天皇の即位式に際し新たに作られたもの。来年10月の即位礼正殿の儀で皇太子さまも、この高御座から即位を宣言される。そこで現在、京都御所にある高御座と御帳台を皇居へ輸送しなければならない。前回、高御座は過激派の攻撃対象になったため、京都から東京・立川までは自衛隊のヘリで空輸。そこから厳重な警備で都内を陸送し、皇居に到着した。今回、京都からは陸路で運ぶことになるとみられ、8月にも輸送することで調整中だ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
即位儀式で使う「高御座」公開 8月にも極秘移送へ 警備資料/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる