警備資料

アクセスカウンタ

zoom RSS 塀のない刑務所、脱走たびたび…千葉や広島にも

<<   作成日時 : 2018/04/15 23:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

松山刑務所大井造船作業場(愛媛県今治市)は、受刑者の部屋に鉄格子がないほか、周囲を囲む高い壁もなく、「塀のない刑務所」として知られる。

 法務省によると、同じような施設は北海道網走市、千葉県市原市、広島県尾道市にもあり、「開放的施設」と呼ばれる。受刑者の自主性を育て、社会への適応性を向上させるのが目的で、受刑者は畜産作業や造船会社で船の部材の加工などを民間の従業員らと共に行っている。

 開放的施設に入るのは、主に初犯で刑期が10年未満の模範的な受刑者という。同作業場にいた受刑者は、今回の脱走事件以降、松山刑務所に移送された。ほかの3か所には、4月13日現在で計194人が入所している。

 開放的施設ではたびたび脱走事件が起きており、同省は、開放的施設の警備態勢の見直しや強化を検討している。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
塀のない刑務所、脱走たびたび…千葉や広島にも 警備資料/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる