警備資料

アクセスカウンタ

zoom RSS 連携プレーで心肺停止の男性救う 警備員ら5人に感謝状

<<   作成日時 : 2018/04/13 22:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

船橋市東消防署(小杉寿昭署長)は、昨年12月に船橋アリーナ駐車場で心肺停止状態に陥った男性を“連携プレー”で蘇生、一命を取り留めた5人に感謝状を贈った。

 感謝状を贈られたのは船橋市の警備員、石野雅博さん、同、渋谷豊仁さん、同市在住の理学療法士、森大さん、船橋アリーナ館長代理、松尾明彦さん、同職員、伊藤良春さん。

 5人は、昨年12月23日午後5時ごろ、アリーナ駐車場で車両誘導をしていた男性警備員(54)が倒れている現場に遭遇。

 男性は心肺停止状態で呼吸もしていなかったため、渋谷さんらが連携して胸骨圧迫をし、アリーナに備え付けられていたAED(自動体外式除細動器)を使い心肺を蘇生させた。男性は約1カ月後に職場復帰を果たしたという。

 小林署長が「皆さんの一連の適切な行動で男性の命を救うことができました」とあいさつ。感謝状を手渡した。

 渋谷さんは「よく対応できたと思うが、1人だったらどうだったろうか」、森さんは「あらためてAEDの素晴らしさを体感できた」と振り返った。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
連携プレーで心肺停止の男性救う 警備員ら5人に感謝状 警備資料/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる