警備資料

アクセスカウンタ

zoom RSS ウィーンのイラン大使公邸に刃物男、警備員が射殺

<<   作成日時 : 2018/03/12 20:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

オーストリアの首都ウィーンにあるイラン大使の公邸付近で11日夜、警備員が男に刃物で襲われ負傷した。男はその場でこの警備員に撃たれて死亡した。地元警察がAFPに明らかにした。

 警察の報道官によると、襲撃は午前0時前に発生。警備員が発砲し、男(26)はその場で死亡した。

 襲撃の動機は現時点では不明。

 警備員は公邸外の詰め所にいたといい、襲撃で腕を負傷した。

 国防省の報道官によると、警備員の対応は「規則の範囲内」だったと判断されている。襲撃犯はチロル(Tyrol)地方出身のウィーン在住者という。

 事件を受けて、警察は市内の在外公館周辺の警備強化を指示した。【翻訳編集】 AFPBB News

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ウィーンのイラン大使公邸に刃物男、警備員が射殺 警備資料/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる