警備資料

アクセスカウンタ

zoom RSS 残業代不払い、有給休暇の問題……職場の「困った」を社労士に訊く

<<   作成日時 : 2018/03/12 20:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 働き方改革、裁量労働制、サービス残業、労災や過労死、やりがい搾取、ブラック企業……。さまざまな労働問題を、中立的な立場から解決するのが、「社会保険労務士」(通称:社労士)だ。その社労士が主人公のお仕事小説 『ひよっこ社労士のヒナコ』 が八重洲ブックセンターの文芸担当が選ぶ文芸書賞「yaesu bungei choice」を受賞。受賞を記念して、著者の水生大海さんと社労士の佐藤広一さんによるトークイベントが行なわれ、職場で悩む人からの質問に応えた。

家業の町工場が倒産、再起をかけて社労士に
佐藤広一 今回、主人公の朝倉雛子というすごく素敵なキャラクターの社労士をつくっていただいて、ありがとうございます。ヒナコのようなスタッフがいたら、心強いですね。元気があって、明るくて、やる気に満ちあふれていて。

水生大海 こちらこそ、ありがとうございます。でも、ヒナコのようにお節介すぎると……。

佐藤 確かにやりすぎで空まわりすることもありますが、こういう人はすごく成長します。ぼくの事務所にも彼女のようなスタッフがいて、期待しているんです。ただ、実際には社労士がヒナコのように社員ひとりひとりと熱心に接することはあまりありません。ぼくらは会社と契約しているので、人事部や総務部、あるいは経営陣と話をして「こういう会社にしていきましょう」とアドバイスをしていきます。社労士は一般的にはあまりなじみのない職業かもしれません。なぜ水生さんは主人公に選んだのでしょうか。

水生 はい。私自身、作家デビューする前は、派遣社員として総務関係の仕事をしていたので、社労士の資格を持っている方や目指している方が近くにいました。また、労働問題はみんな関わりがあるのに、あまり知らないことが多く、せっかくだからテーマにして掘り下げようと思ったんです。

佐藤 なるほど、身近に社労士がいたんですね。私が社労士を目指したのは二十数年前ですが、当時は生命保険や自動車保険を扱う保険屋さんなのかなというイメージでした。 当時、父親が埼玉県川越市でバネをつくる町工場を営んでいましたが、バブルがはじけて、業績が悪化した。そこでぼくは勤めていた商社を退職して、父の会社に入ったんです。しかし、20代前半の若造が力になれるわけはなく、町工場はつぶれてしまった。

 それから職を探しました。どうやら会社勤めには向いていないし、お金がなくても開業できる仕事がよいだろうと、士業を考えました。ところが、弁護士は司法試験が難しい。ぼくは数字が苦手なので、税理士はあわない。それで、社労士にかけてみようと決意して社労士事務所に飛び込み、丁稚奉公を10年やって、2000年に独立開業しました。

水生 独立当初は、どう営業したんですか。

佐藤 社労士はごまんといるので、名刺一枚で「社労士です」と言っても効果はないと思っていました。独立したら、最初に本を書こうと決めていたんです。本を出したことで、取材やセミナーの依頼を受けましたし、一番最初のお客さまは出版社を通じてご依頼がありました。 本を通じてお客様とつながっていったんです。

退職は男女の別れ際と同じで「揉めます」
水生 『ひよっこ社労士のヒナコ』を本にする前、佐藤先生に法律的なことをチェックしていただき、とても助かりました。退職時に揉めるケースは多いのでしょうか?

佐藤 別れ際は男女の関係もそうですが、揉めますね。ひとつは、退職金がもらえるはずと思っていたのにもらえなかったケース。よく誤解されていますが、企業には法律上必ずしも退職金を払う義務はありません。会社の制度として退職金規程があれば払ってくださいということなんです。退職金規程がないのに、請求して揉めることはあります。

 また、有給休暇の問題。年次有給休暇は労働者の権利として認められていますが、辞めるときにまとめて有休をとろうとすると、経営者は怒り出すことが多いですね。

水生 有給休暇については、第1話「五度目の春のヒヨコ」で書きました。振替休日と代休も、よく混同されていますよね。

佐藤 そうですね。振替休日と代休は、意味が違います。振替休日は、事前に決めておくんです。たとえば、日曜に出勤する予定なら、前もって水曜日に休むと決めます。すると休日と労働日がチェンジされることになります。一方、代休は事後に決める。たとえば日曜日に出勤したら「明日、代わりに休んでいいから」と言われて休む。この場合は休日出勤した事実は変わらないので、割増賃金を払わなければいけません。

水生 勉強になります。

給与明細を見てみよう。支払い漏れがあるかも
佐藤 また、給与明細は大事で、情報の宝庫なんです。つい手取りの金額ばかり気にしてしまうと思いますが、しっかり見ていただきたいですね。給与明細書は大きく分けて、「支給項目」、「控除項目」、「勤怠項目」という3つのカテゴリーに分類されます。

 支給項目は、基本給や家族手当、通勤手当といった諸手当など、いわゆる労働の対償として会社から支給される賃金のことです。これは「こういう仕事をしてくれたら、これだけの手当を出しますよ」という会社からのメッセージなんです。控除項目は、総支給額からいわゆる「天引き」されるもの。たとえば、所得税や健康保険料、厚生年金など。なぜ引かれているのか、疑問に思うことで世の中に対して関心を持つようになると思います。

 例えば今話題の「厚生年金保険料」は強制的に控除されていますが、どのように保険料額が決定されどのように年金額に反映されるのか、またそもそも公的年金制度とはどのような仕組みのもので、現在何が問題とされているのか、に関心がいきます。

 勤怠項目は、出勤日数や労働時間、年次有給休暇の取得日数などといった勤務実績。1ヶ月の働きぶりを振り返るいい機会です。きちんと見れば、残業をしたのについていないと気づくかもしれません。

水生 給与明細の話につながりますが、病院の先生に残業代が支払われていないと最近ニュースで聞きます。お医者さんはこれまで気にしなかったんですか。給与明細を見ないんでしょうか。

佐藤 ドクターにはこれまでは賃金の法的性格にあまり関心を持つ人が少なかったけれど、権利意識を持つ人が増えてきたんでしょう。病院側にも「残業代込みで、それなりの報酬を払っているんだ」という意識があったんだと思います。しかし、医者だから残業代を払わなくていいという理屈にはなりません。

 また、ドクターの場合、年俸制が適用されている人が多いと思います。年俸制なら、残業代が払われなくてもいいという都市伝説がありますが、それはまったくの誤解です。年俸制でも、労働時間が1日8時間超えたら払わなければなりません。これからは医療業界で残業代の請求は増えていくと思いますね。

働く現場からつぎつぎと質問! 社労士がお助け回答
水生 会場の方でも佐藤先生に質問したい方がいらっしゃるんじゃないでしょうか。質問がある方、どうぞ挙手をお願いします。

Q 残業代が払われていない ――公的機関で働いている社労士の知人が、働いた日数の半分以下の賃金しかもらっていないと嘆いていました。どうすればいいですか。また、佐藤先生はお金がもらえなかった経験はありますか。

佐藤 社労士なら、自分でなんとかしてください(苦笑)。働いた分は労働の対価としてもらうべきです。働いた分については賃金請求権があり、時効が2年なので、2年以内であれば支払いを求めることはできます。 私は、スタッフに対して、1分単位でちゃんと残業代を払っていますよ。

Q パートでも有休はとれる? ――妻が飲食店のパートをしています。パートでも有給休暇をとれると聞きましたが本当でしょうか。

佐藤 パートタイマーでも有休はもちろんあります。週の勤務日数に応じて、有給休暇の日数が決まります。 有給休暇は時季指定権といって、労働者が「この日、有給休暇を取りたいです」と言わないと取得できません。言いづらいかもしれませんが、勇気を出して言うしかありません。

Q 前日に休んでくれと言われて賃金は――アルバイトで働いています。翌日シフトが入っていたのに、前日に「人が足りているから、明日お休みでいい」と言われたら、賃金を請求できますか。

佐藤 請求できます。働くことが決まっていたのに、会社側の都合で一方的に休んでくださいと言われた場合、労働基準法第26条で、平均賃金の6割以上を払わなければならないと決められています。

こんなときどうする? 経営側も悩んでる
Q ブラック企業ならぬブラック社員 ――小さな会社を経営しています。うちの場合は、4月から新年度の有給休暇が付与されることにしています。ある社員が3月末に退職したいと言ってきたんですが、さらに1年分の有給休暇が発生すると知るや4月1日に退職日の変更を求められ、1年分の有給休暇をたっぷりとってから辞めました。法律的にはありだと思いますが、ブラック企業ならぬブラック社員もいるんだと痛感しています。

佐藤 そうですね。労務問題のトラブルは、だいたい言った言わないの水掛け論なんです。口頭でのやりとりは避けて、必ず書面でやりとりをすべきです。 また、退職届と退職願は違います。退職届は、働いている人が辞職すると会社にはっきり意志を示すこと。だから、人事権を持っている人間に渡った時点で、撤回はできません。 一方、退職願の場合、「辞めたいんですが、いかがでしょうか」というお伺いなので、会社側は「承諾しました」と返事をしなければならないんです。会社が返事するまではいつでも撤回できます。権利主張ばかりされると会社としても大変です。会社も社員も退職するときもウィンウィンでやれるとよいですね。

Q 労働基準法は極端に労働者びいき――私も小さい会社を営んでいます。労働基準法があまりにも労働者びいきになっているように感じていて、誰にどういうふうに相談していいか正直わかりません。社労士の先生たちに助けてもらえばよいのでしょうか。

佐藤 詳しいことは個別にご相談いただければ、お力になれると思います。 最近の働き方改革や労働法制は、性善説にもとづいています。しかし、そうではない人も中にはいます。最近の情勢は企業経営をする上で厳しいことが多いと実感しております。

現場の管理職にこそ労務管理を学んでほしい
Q 会社の思惑と正義との板挟み――『ひよっこ社労士のヒナコ』には、ヒナコが会社のためを思って行動したのに、受け入れられなかった話がありました。会社側の思惑とご自身の正義感の板挟みで悩むことはありますか。

佐藤 ダメなものはダメと言っていくしか、企業の健全な発展はないと思っています。それがもとで契約を切られてしまったら、しょうがないです。 会社は人が集まってできている組織体で、売上をつくるのも人なので、適材適所で人を上手に活用していく。人を大事にしなければならないと考えています。 また、社労士は弁護士とは違って、中立でなければならないんです。職業倫理を持つことはとても大切なことだと考えています。

Q 管理職が気をつけることは? ――昔は正社員ばかりでしたが、いまは派遣社員や業務委託契約やフリーランスの人も職場にいます。法律的な見地から、管理職になったら、気をつけるべきことはありますか。

佐藤 管理職になるというのは、使用者側になるということなんです。会社側の立場になったと認識できない人は管理職に向いていません。管理職になるときの研修では、リーダーシップやコミュニケーションについてや、ハラスメントなどの話はあっても、労務管理全般についてはほとんどされていません。 現場で初動対応を誤って、ボタンの掛け違いが大きなトラブルになり、それが火だるまになって人事や経営陣に丸投げされることは、よくあります。

 痛ましい大手広告代理店の事件でも、最初に書類送検されたのは、所属長でした。 管理職が初動対応をしっかりして行っておけば、トラブルを防ぐことができます。管理職の方に、労務管理をぜひ学んでいただきたいので、先日、 『管理職になるとき これだけは知っておきたい労務管理』 (アニモ出版)を書きました。

Q 飲み会も労働時間? ――私の働いている会社は、取引先との飲み会の費用は出しますが、業務時間に入っていません。しかし、同業の他社では会食も業務時間としています。飲み会を業務時間に入れるよう、会社に交渉することはできますか。

佐藤 結論から言いますと、難しいと思います。 いま国会でも議論されるなど大きな問題になっていますが、実は労働時間は法律で定義されていません。

 判例(三菱重工業長崎造船所事件)によれば、労働時間とは使用者の指揮命令下におかれた時間とされています。 「この飲み会にいきなさい」と上司に言われているなら、交渉の余地はありますが、そうでないのであれば難しいのではないでしょうか。休日のゴルフもそうです。仕事の関係で嫌々行っているのかもしれませんが、労働時間にはあたらないと解されています。

 また、意外なところでは、健康診断の受診時間や、出張した時の新幹線や飛行機などの移動時間は、労働時間ではありません。警備員が、夜ひとりで寝ている仮眠時間は、労働時間。何かあったら、対応しなければならないので、労働時間なんです。

Q 会社の携帯を持ち帰ると労働時間になる?――会社用の携帯電話を持ち帰ることになっていて、いつでも連絡がとれるようにしています。それも労働時間になりますか?

佐藤 管理監督者なら、時間外でも休日でも、というのは問題になりませんが、一般の社員にもたせるのはちょっと危険かもしれません。県立奈良病院事件という最高裁まで争った判例があります。産婦人科医がポケベルを持たされていて、産気づいた患者さんがいたら、ベルで呼び出されて駆けつけることになっていて、「休んでいる暇がない」と訴えたんです。この判例で、呼び出されたら、労働時間にカウントされますが、ポケベルを持ち帰っているからといって、すべて労働時間ではないということになっています。

作家として頼まれる限りお仕事したい
Q 作家さんの労務管理はどのように? ――水生さんご自身はどう労務管理していますか。

水生 私は従業員ではなく、「ひとり親方」(誰かを雇っているわけではなくて、自分だけで事業をおこなう事業主のこと)なので、自分で労務管理するしかないと思っています。ちゃんと人間ドックへも行きます。

 家族がいるので、朝はサラリーマンの方のように起きて、家事をして、夕方くらいに仕事を終えます。短ければ1日で1時間くらいですが、夕ご飯を食べてからも仕事したり、長い時は睡眠時間以外ぜんぶということもあります。私はよく眠らなければ頭が働かないほうなので、寝るようにしています。家族は土日休みですが、仕事があれば働くし、なければ遊びます。

佐藤 本を書くインターバル(間隔)はどのくらいですか?

水生 幸いにしてご依頼いただいているので、並行して何作も書いています。あいだを空けることはないです。

佐藤 すごいですね。ぼくは1冊書くとへとへとの抜け殻状態で、次への意欲がなかなか湧きません。

水生 でも、佐藤先生は本をたくさんご執筆してらっしゃいますよね。

佐藤 頼まれたら、断れないんですよ(笑)。

水生 私も断れないんです。頼まれる限り、お仕事をしたいと思っています。 “ヒナコ”も次を書きたいと思っていて、材料を探している段階です。きょうはみなさまからいただいた、たくさんのヒントを参考にします。ありがとうございました。

佐藤 続編、とても楽しみにしています。

*2018年2月19日 八重洲ブックセンター本店にて

―――

水生大海(みずき ひろみ)
作家。三重県生まれ、愛知県在住。2008年『少女たちの羅針盤』で島田荘司選ばらのまち福山ミステリー文学新人賞優秀作を受賞、翌年デビュー。14年「五度目の春のヒヨコ」が第67回日本推理作家協会賞短編部門候補に。その他の著書に『だからあなたは殺される』『教室の灯りは謎の色』など。

佐藤広一(さとう ひろかず)
特定社会保険労務士。 HRプラス社会保険労務士法人 代表社員。1968年、東京都生まれ。 明治学院大学経済学部卒業。「HRに安心、情報、ソリューションをプラスする」というコンセプトのもと、人事労務相談や労務コンサルティング活動を展開。主な著書に『泣きたくないなら労働法』『管理職になるときこれだけは知っておきたい労務管理』など著書多数。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
残業代不払い、有給休暇の問題……職場の「困った」を社労士に訊く 警備資料/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる