警備資料

アクセスカウンタ

zoom RSS 「快適」「便利」を出前します タイヤ交換 屋外で温水トイレ 群馬県内で2社がサービス開始

<<   作成日時 : 2018/03/10 20:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

快適さを届ける出前サービスが今月、群馬県内で相次ぎ始まった。ベイシアグループのオートアールズ(埼玉県本庄市)はタイヤ履き替え時季を前に、機材を搭載した専用車でタイヤ交換に出張。警備業の小渕警備保障(伊勢崎市柴町)はトラック荷台を温水洗浄便座の水洗トイレに改造し、建設現場やイベント会場に届ける。利便性を高めるサービスを打ち出し、新たな顧客を開拓する。
画像


◎法人向けに一斉交換…オートアールズ
 オートアールズ(杉戸哲也社長)は専用車両でタイヤ交換の出張サービスを始めた。タイヤを積んで来店する労力や時間を省けることから、社有車や従業員のマイカーを就業中に交換する法人需要のほか、高齢者世帯などの個人需要を掘り起こせると見込み、車両を順次増やす考えだ。

 伊勢崎宮子バイパス店を拠点とし、県内全域に出張可能。出張料金は距離や交換台数に応じて決めるが、台数が多ければ無料とすることも検討する。ホイール付け替えの料金は1台6480円と店頭サービスと同額にした。

 履き替えの繁忙期以外は、系列のベイシアやカインズホームの駐車場などでタイヤ即売会を開く。客が買い物をしている間に脱着できる利便性をアピールする。

 担当者は「社有車1台ごとに来店して交換を待つという時間を省ける利点は大きい。重いタイヤの積み降ろしがないのでお年寄りや女性にもお薦め」としている。問い合わせは同社(フリーダイヤル0120-855-194)へ。

◎建設やイベント対応…小渕警備保障
 小渕警備保障(小渕仁三郎社長)は温水洗浄便座を搭載した「トイレカー」を導入し、交通誘導警備員とともに派遣する。建設現場での需要を見込む。今夏にも2台目を導入し、将来はイベントや撮影ロケなどへの貸し出しも検討する。
画像


 建設現場の多くは仮設トイレを設けるが、作業場所から遠くなったり不衛生になったりしがちだ。同社警備員にはトイレの回数を減らすために水分補給を控えたり、やむを得ず紙おむつを使ったりする人もいるという。

 トイレカーは軽トラックを改造した。荷台部分に小便器と洋式便器を設け、換気扇や照明もある。給水用100リットルと汚物用280リットルのタンクを備え、通常使用で1週間ほど使える。同社が毎日清掃して快適な状態を保つ。

 サービスは警備員の派遣とセット。トイレカーの利用料は1日1万8000円。し尿処理費用は実費を負担する。

 同社は「建設現場では女性の作業員や警備員も増えている。清潔で快適なトイレは働きやすさに直結する」と話している。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「快適」「便利」を出前します タイヤ交換 屋外で温水トイレ 群馬県内で2社がサービス開始 警備資料/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる