警備資料

アクセスカウンタ

zoom RSS 【Nコレ。】警視庁発の便利情報、火災の時に身を守る方法

<<   作成日時 : 2018/03/07 22:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

知っていると必ず役立つ、警視庁発の便利情報を紹介します。

 「災害時を想定して一度やってみようと思っていた『水でカップ麺作り』に挑戦」(警視庁警備部災害対策課 ツイッターより)

 この情報は、警視庁警備部災害対策課が不定期にネットに投稿しているもので、災害時にも十分食料になる水カップ麺の作り方や・・・

 「結構簡単に開きましたね」(記者)

 はさみがなくても、10円玉2枚を使えば開けられるビニールの菓子袋の開封方法など、いざという時に役立つ知識が紹介されています。そして、先日投稿されたのが火災の際に身を守る方法。

 「あるホテルに、避難グッズとして透明ビニール袋が置かれているのを見つけました。緊急時における身近な物の活用術として覚えておきたい技だと思います」(警視庁警備部災害対策課 ツイッターより)

 実は今、身を守る物として、このようなビニール袋がホテルの部屋などに置かれているんです。

 「部屋の中のどこに設置されているんですか?」(記者)
 「客室のドアに設置しております」(アパホテル 統括ITスーパーバイザー 村田紘嗣総支配人)
 「ただのビニールにしか見えないんですけれど、これで命が助かるんですか?」(記者)

 「ホテル火災で一番恐れられているのは煙とされていまして、煙から身の安全を守っていただくため設置しております」(アパホテル 統括ITスーパーバイザー 村田紘嗣総支配人)

 火災などの緊急時に役立つのが、この透明なビニール袋。

 「広げていただいて、空気を入れていただきます。空気を入れていただいたあとに、かぶって前で絞ります。こちらで非常口まで避難していただきます」(アパホテル 統括ITスーパーバイザー 村田紘嗣総支配人)

 「頭からかぶることで有毒な煙を吸わず、目を開けたまま避難できるものです」(警視庁警備部災害対策課 ツイッターより)

Q.中の空気はどれくらいもつ
 「3分ほどもつと言われていますので、煙も吸いませんし、煙から目を守ることもできますので、避難をスムーズにできるかと思います」(アパホテル 統括ITスーパーバイザー 村田紘嗣総支配人)

 「窒息の危険性があるので使用方法に注意が必要ですが、緊急時における身近な物の活用術として覚えておきたい技だと思います」(警視庁警備部災害対策課 ツイッターより)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【Nコレ。】警視庁発の便利情報、火災の時に身を守る方法 警備資料/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる