警備資料

アクセスカウンタ

zoom RSS 「福島の教訓が…愚行だ」住民ら抗議 玄海原発再稼働

<<   作成日時 : 2018/03/23 19:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 九州電力玄海原発3号機(佐賀県玄海町)が23日、再稼働した。安全性への疑問や事故時の避難に対する不安は残されたままで、地元住民らからは不安や怒りの声が上がった。

 午前11時前、九電社員ら20人が詰める玄海原発の中央制御室にかけ声が響いた。

 「3号機、原子炉起動操作を開始します」

 運転員が計器を一つひとつ指さして確認していった。午前11時に操作レバーを倒すと、制御棒引き抜きを示すランプが点灯。原子炉が起動した。

 一方、玄海原発のゲート前には朝から、再稼働に反対する県内外の市民ら100人以上が詰めかけた。警察官や警備員が厳重に警戒する中、参加者は「玄海原発再稼働反対」「命を守れ」などとシュプレヒコールを上げた。

 住民が不安を抱えるのが、事故時の避難だ。玄海原発から半径30キロ圏内の人口は約26万3千人。圏内にある離島は21で、国内の原発では最も多い。30キロ圏内の自治体は避難計画づくりを義務づけられているが、その実効性を第三者が審査する仕組みはない。

 30キロ圏内で最大の離島・壱岐(長崎県壱岐市)から抗議活動に参加した中山忠治さん(70)は「黙っていたら再稼働を認めることになる」と思い、前夜から泊まり込んだ。「事故が起きたら島の人はすぐには逃げられない。福島の教訓を生かしていない再稼働で、愚行だ」と憤った。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「福島の教訓が…愚行だ」住民ら抗議 玄海原発再稼働 警備資料/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる