警備資料

アクセスカウンタ

zoom RSS 花火大会中止の委託料訴訟 印西市議会、反訴案可決

<<   作成日時 : 2018/03/21 09:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

千葉県印西市議会は定例会最終日の20日、市制20周年記念花火大会の中止問題に絡み、業務委託料の支払いを求めて市を提訴した市内の花火打ち上げ業者に対し、事業経費など2023万円の損害賠償を求めて反訴する市提案の議案を原案通り可決した。市は可決を受けて、「速やかに反訴手続きを進める」としている。

 業者は昨年12月、花火を打ち上げられなかったのは市の除草不足や整地不足が原因として、市に業務委託料1500万円の支払いを求めて、千葉地裁佐倉支部に提訴。これに対し市は、「市に義務違反はなく、相手方にある」として、会場設営委託料や警備委託料、除草委託料、職員人件費などを業者に請求するため反訴する議案を市議会に提案。12日の建設経済常任委員会では賛否同数となり、委員長の採決で可決となっていた。

 本会議では、賛成する議員が「今回反訴せず、後に損害賠償を求めて裁判を起こした場合、市と業者の双方にとって訴訟費用や労力の負担が増える」などとして、同じ裁判での審理が適切と主張。一方、反対する議員は「市が市内法人や市民を訴えるのは慎重に判断すべき。市が勝訴した場合、業者が存続の危機に陥る恐れがある」などと訴えた。

 採決の結果、賛成12人、反対8人だった。市経済政策課の担当者は「今月中に反訴に関する契約を弁護士と結び、速やかに手続きを進めたい」としている。

 2016年8月27日に開催予定だった同大会は、開始時間から40分たっても花火が一発も上がらず中止になった。その後の理由説明も遅いなど不適切な対応が続き、市内外から批判が噴出していた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
花火大会中止の委託料訴訟 印西市議会、反訴案可決 警備資料/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる