警備資料

アクセスカウンタ

zoom RSS 東京五輪自転車ロード 御殿場、裾野も通過 詳細コース案

<<   作成日時 : 2018/02/10 07:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 小山町の富士スピードウェイ(SW)がゴールとなる2020年東京五輪の自転車男子ロードレースのコースについて、大会組織委員会など関係機関は御殿場、裾野の両市を通過する案で最終調整に入った。9日までに、複数の関係者が明らかにした。実現すれば、自転車トラック競技やマウンテンバイク(MTB)が行われる伊豆市を含め、県内3市1町が東京五輪開催自治体として名を刻む。

 コース案によると、神奈川県境から小山町に入り、御殿場市板妻を経て裾野市須山地区へ。富士山スカイラインを巡って御殿場市、小山町を抜け、再び神奈川県に出る。その後、山梨県境の籠坂峠から同町に戻り、富士SWにゴールする。

 関係者によると、交通規制や警備態勢などを中心に、関係機関が協議を進めている。国際自転車連合(UCI)の視察などを経て、今夏にも正式決定し公表される見通し。

 自転車ロードレースは、東京・武蔵野の森公園をスタートし、小山町の富士SWをゴールすることが決まっている。富士SWは、個人タイムトライアル(TT)の発着点にもなる。パラリンピックのロードレースの会場となることでも調整が進んでいる。



 <メモ>五輪自転車ロードレース 主に一般公道を走り順位を競う。個人競技だが、国ごとに協力して有力選手を有利にするため他の選手が風よけや他国選手へのけん制役になることもある。東京五輪では男子が開会式翌日の2020年7月25日、女子は同26日に実施される予定。コース案によると、男子の距離は270キロ弱、女子は140キロ超となる見通し。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
東京五輪自転車ロード 御殿場、裾野も通過 詳細コース案 警備資料/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる