警備資料

アクセスカウンタ

zoom RSS <無知の知 「てんかん」という現実>第1章 車社会とのはざまで(3) 過失判断、相反する見解

<<   作成日時 : 2018/02/12 15:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

慎重な上にも慎重を重ねた捜査だったことは、費やした時間からもうかがえる。2016年2月2日、藤枝市の薬局に乗用車が突っ込み、4人が死傷した事故。現場手前の丁字路を曲がろうとせずに車がまっすぐ加速した不自然な状況や、運転していた元警備員男性(66)の「ぼーっとしていた」という当時の証言を考慮すれば、静岡地検がてんかん発作を理由に男性を起訴してもおかしくなかった。だが、地検は事故から1年2カ月後、不起訴処分との判断を下した。

 原因究明のため、地検は鑑定留置を2度も延長して男性の健康状態を徹底的に調べた。浮かび上がった疾患は「てんかん」と「ジスキネジア」。両方とも突然、意思通りに体が動かなくなるという点で似ている。どちらが原因でも、男性が症状を自覚した上で適切に治療や薬の服用をしていなかった過失を証明することで起訴は可能だ。一方、症状の認識がなく事故の予測ができない場合は、過失があったとまで言えなくなる。男性を罪に問えるかどうかの岐路だった。

 最終的に地検が導き出した結論は、「ジスキネジア」だった。男性は「事故直前まで意識があった」と語る。地検は事故時の状況が男性のてんかん発作の症状とは異なると判断したとみられる。ジスキネジアの発症の予測可能性を問うことも難しかった。

 だが、不起訴処分に疑問を投げ掛ける存在もあった。無作為で選ばれた市民でつくる静岡検察審査会だ。検審の議決は、地検に再捜査を求める「不起訴不当」。「てんかん発作の可能性を否定できない」―。真相解明が不十分とする“市民の声”が議決文につづられていた。これを受け、地検は現在も再捜査を続けている。

 分かれた二つの見解を、どう捉えればいいのか。交通事故問題に詳しい浜松市中区の長野哲久弁護士(68)は両者の根底にある思いを解説した。「検察の判断は、運転者の人権を考えて相当慎重になった様子がうかがえる。過失と判断できないなら罪に問うのは難しい。だが、検審は事故原因があいまいならもう一度捜査して、場合によっては裁判で審理すべきだという考えだろう」

 交通事故と結び付けられ、世間で騒がれたてんかん。だが、本当にてんかんは危険なのだろうか。「事故原因を『てんかん』とすれば、納得する風潮がある」。日本てんかん協会の岡本朗常務理事(60)=福岡市=は、そう指摘して近年の世論に警鐘を鳴らす。岡本常務理事の目には、今の社会が非寛容な“排除の論理”に動かされているように映る。「てんかん患者に負担を強いるだけで問題が解決するわけではない。正しく知って、社会全体が変わらないと」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
<無知の知 「てんかん」という現実>第1章 車社会とのはざまで(3) 過失判断、相反する見解 警備資料/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる