警備資料

アクセスカウンタ

zoom RSS シャルリ・エブド“襲撃”3年、マクロン大統領が献花

<<   作成日時 : 2018/01/08 13:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

フランス・パリにある風刺画を売りにする新聞「シャルリ・エブド」がイスラム原理主義の男らに襲撃された事件から3年が経過し、マクロン大統領は7日、編集部があった場所などを訪れ、花を手向けました。

 一連の事件では、記者や警察官ら17人が犠牲となっています。

 現在、「シャルリ・エブド」は、警備を強化した上で別の場所に移転して発行を続けていますが、年間2億円以上の警備費用が大きな負担になっているということです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
シャルリ・エブド“襲撃”3年、マクロン大統領が献花 警備資料/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる