警備資料

アクセスカウンタ

zoom RSS 代表経験の女性、白バイ先導へ 全国女子駅伝で京都府警隊員

<<   作成日時 : 2018/01/07 19:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 全国女子駅伝(14日、京都市)で、2006年の第24回大会の岐阜県代表だった女性が、今回、白バイ隊員として初めてレースを先導する。選手時代の目標だった地での大役に「悲惨な事故をなくすことと、都大路で先導することを目指してきた。安全な大会運営ができれば」と意気込む。
 昨春から府警交通機動隊に勤務する小山彩子(旧姓・谷口)巡査部長(30)。重さ350キロの白バイを操り、普段は府内の交通取り締まりにあたる。昨年12月には京都学生駅伝で繰り上げスタートの警備などを担当。「母校の龍谷大も出ていて、久々に陸上大会の空気を感じた」と笑顔で話す。
 地元の岐阜で中学から陸上に打ち込み、シドニー五輪マラソン金メダルの高橋尚子さんを輩出した岐阜商高へ進んだ。高校3年の時、選考会で上位に残り全国女子駅伝のメンバーに入った。「合宿に参加し、憧れの都大路で試走もできた」。当日は補欠となったが、中継所で仲間をサポートした。レース中、間近で見た白バイの姿に「かっこいいな」と引かれた。
 大学でも陸上を続け、全日本大学女子駅伝に出場。卒業時の就職氷河期の中、3度目の採用試験で京都府警に入った。交番や府警音楽隊を経て、念願の交通機動隊に配属された。
 龍大で指導した西出勝総監督(65)は「黙々と練習する努力の子だった。卒業後も目標を持ってやっていて、うれしい」と語る。小山さんは「レース当日に何事もないのが普通のこと」と口元を引き締め、緊張感を持って先導に臨む。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
代表経験の女性、白バイ先導へ 全国女子駅伝で京都府警隊員 警備資料/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる