警備資料

アクセスカウンタ

zoom RSS 「新政府の一員に」という徳川慶喜の希望を絶った出来事

<<   作成日時 : 2017/12/06 19:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

幕末から明治初頭にかけて、志と信念を持つ者が次々と刃に、あるいは銃弾に倒れ、多くの血が流れた。それほど多くの命を踏み越えねば、明治維新は成り立たなかったのか。維新までの軌跡を、京都・霊山歴史館の木村武仁学芸課長のナビゲートで追っていく。今回取り上げるのは、幕府終焉の幕開け、鳥羽伏見の戦い。(雑誌『一個人』2017年12月号より)。

◆近代国家への道を拓く戦いの幕開け

 大政奉還ののちも、武力討幕派は、徳川勢力を一掃したいと考えていた。そして、王政復古の大号令というクーデターを起こし、小御所会議が開かれた。依然として前将軍の徳川慶喜が広大な領地と強大な軍事力を持っていたため、慶喜の辞官納地、つまり内大臣の辞職と徳川領400万石の返上が議論されたのである。

 一方、松平春嶽(まつだいらしゅんがく)、山内容堂、後藤象二郎ら公武合体派が、慶喜を擁護する側に回り、慶喜を参内させて、議定の席を与えて新政府の一員にしようと朝廷工作を行っていた。この慶喜復権の動きに危機感を抱いた薩摩藩の西郷隆盛は、江戸の三田藩邸に浪士を集めて、放火や強盗などで市中を攪乱させ、旧幕府軍の暴発を誘発させる作戦に出た。すると江戸市中の警備を担当していた庄内藩などの藩兵が、三田の薩摩藩邸を焼き討ちにした。

 このことで、戦闘を回避して、新政府の一員になろうとしていた慶喜の希望は絶たれてしまう。旧幕府軍は「薩摩討つべし」と上京の準備を整え、薩摩藩の罪状を記した「討薩表」を用意したが、慶喜ももはやこの動きを押さえ込むことはできなかった。

 旧幕府軍は京都に向けて進撃を開始。主力の幕府歩兵隊は鳥羽街道を進み、会津藩、新選組、幕府伝習隊は旧伏見奉行所に本陣を置いた。旧幕府軍に対して、薩摩藩は東寺に本陣を置いて鳥羽街道を守り、長州は東福寺に本陣を置いて、伏見街道を守った。さらに薩摩藩は、城南宮や御香宮にも陣を設けた。
 この時の旧幕府軍の軍勢は約1万5000名だと言われているが、実際は7000名〜8000名であった。それに対して薩長側は、当初、薩摩藩兵1500名、長州藩兵100名ほどで、のちに土佐藩兵300名を加えて、約4500名となった。兵力では旧幕府軍が完全に優っていたが、薩長軍は数では劣るものの、新式の大砲や鉄砲を装備しており、さらに秘策を用意していた。

◆「錦の御旗」の威力の大きさ

 慶応4年(1868)1月3日、鳥羽の小枝橋で旧幕府軍と薩摩藩兵の間で、小競り合いが起き、強硬に通ろうとした旧幕府軍に対し、薩摩側が発砲して戦闘が始まった。鳥羽での大砲の音は南東2.5qの伏見にまで届いた。これをきっかけに、御香宮の薩摩軍、長州軍も攻撃を開始。旧伏見奉行所に陣取っていた会津藩士や新選組との間で、激しい戦闘が始まった。奉行所の旧幕府軍の陣地に向けて、薩摩藩が東の高台から砲撃し、その砲弾が奉行所の火薬庫に命中し、大爆発を起こした。奉行所は炎上し、会津藩兵や新選組は敗走した。

 この日、鳥羽の戦い、伏見の戦いともに薩長軍の勝利に終わったが、翌4日、薩長軍はさらに秘策を打ち出した。朝廷が仁和寺宮嘉彰親王(にんなじのみやあきひとしんのう)を征討大将軍に任命し、薩長軍に「錦の御旗」を与えたのだ。この時点で「錦の御旗」を高々と掲げる薩長軍は「官軍」となり、旧幕府軍は「朝敵」となった。「錦の御旗」の威力は大きく、旧幕府軍は急速に戦意を失ってしまう。慶喜は密かに江戸に逃亡し、旧幕府軍は総崩れとなった。

 この戦争で、薩長軍すなわち新政府軍は、約110名の戦死者を出し、旧幕府軍側は倍以上の約280名が命を落とした。「鳥羽伏見の戦いは戊辰戦争の緒戦であり、この後、戦いは遠く箱館まで場所を移しながら続いていきます。戊辰戦争でも多くの血が流されましたが、これは近代日本に生まれ変わるための、産みの苦しみだったと言えるでしょう」と木村さん。
 戊辰戦争における新政府軍の勝利、そして徳川幕府の終焉により、天皇を中心とする中央集権国家、近代日本が生まれたのである。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「新政府の一員に」という徳川慶喜の希望を絶った出来事 警備資料/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる