警備資料

アクセスカウンタ

zoom RSS <神奈川県警>防犯カメラ画像を捜査員端末に 今月から運用

<<   作成日時 : 2017/12/05 20:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

神奈川県警は1日から、警備会社「綜合警備保障」(ALSOK)から防犯カメラ画像の提供を受け、現場の捜査員に配信して初動捜査に活用するシステムの運用を始めた。同社が監視している施設などで不法侵入や強盗などの事件が発生した際、捜査員がいち早く犯人像を把握し、犯人の早期発見、検挙につなげる狙いがある。
画像


 コンビニエンスストアなどで強盗事件が発生した場合、店舗内から異常通知を受けたALSOKの社員は、防犯カメラが捉えた映像を確認。破壊や盗難、脅迫などの犯罪行為の有無を確かめた上で県警に通報し、犯人が防犯カメラに映っていたことも伝える。その後、県警本部の通信指令課から要請があれば、犯人の容姿が分かる画像を専用メールアカウントに送信して提供し、同課は提供された画像を捜査員の携帯端末に配信する。

 従来は捜査員が現場に到着するまで防犯カメラ映像を確認できなかった。このため、犯人の身なりや背格好を把握するのに時間がかかっていたが、提供された画像を迅速に配信することで、捜査員は通報から短時間のうちに犯人像を把握できるようになる。また、目撃情報よりも客観的な情報を手掛かりに捜査ができるため、現場に向かう途中の捜査員が犯人を見つける可能性も高まるとされる。

 画像提供のシステムは今年9月ごろにALSOKから県警に提案があり、導入が実現した。県警通信指令課の上原正至課長代理は「逃走する犯人は車やバイクを用いることがほとんどで、捜索は一分一秒を争う。少しでも早く始められれば、狭い範囲の捜索ですむ。年末にかけて凶悪犯罪が増えるので、新たな取り組みの効果に期待したい」と話した。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
<神奈川県警>防犯カメラ画像を捜査員端末に 今月から運用 警備資料/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる