警備資料

アクセスカウンタ

zoom RSS 国交省、羽田で不審者検知の実証実験 12月、画像解析で警備強化

<<   作成日時 : 2017/11/29 18:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

国土交通省航空局(JCAB)は12月2日から、画像解析技術を応用した警備システムの実証実験を、羽田空港で展開する。カメラで不審者や不審物を検知し、警備を強化する。19日まで。

 国際線ターミナル2階の到着ロビーで実証実験する。到着ロビーにカメラを設置し、対象物を検知する。2020年東京五輪・パラリンピックに向け、空港の自主警備体制を強化する。

 実証実験には兼松(8020)とセコム(9735)、綜合警備保障(2331)、東芝インフラシステムズ、日本電気(NEC、6701)、パナソニック システムソリューションズ ジャパン、日立製作所(6501)、三菱電機(6503)の8社が協力する。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
国交省、羽田で不審者検知の実証実験 12月、画像解析で警備強化 警備資料/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる