警備資料

アクセスカウンタ

zoom RSS パリス・ヒルトンもあの大物Pのセクハラ被害に

<<   作成日時 : 2017/11/11 16:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 ハリウッドの大物プロデューサー、ハーベイ・ワインスタイン氏(65)のセクハラ疑惑でまた新たな被害者が浮上した。モデル、女優、DJなど多彩な活躍で知られるあのパリス・ヒルトン(36)もセクハラ被害に遭っていたという。米紙ニューヨーク・ポスト(電子版)が報じた。

 パリスが20歳だった2001年にフランスのカンヌで開催された米エイズ研究財団のチャリティーパーティーでのこと。イベントのテーマが「ダイヤモンドは永遠に」とあって、パリスは数億円するダイヤをあしらった豪華なドレスで出席した。

 ところが、このパーティーのスポンサーが事もあろうにワインスタイン氏の映画会社ミラマックスだったことが、パリスにとって災難の始まりとなってしまった。

 ワインスタイン氏はパリスが会場に到着するや否や真っ先に彼女の元に駆けつけて、しつこくつきまとってきたという。

「パリスを見つめて、まるでよだれを垂らしているようだった」(関係者)

 ワインスタイン氏は彼女に「私の事務所に来なさい。君と一緒に映画を作りたい。私は君をスターにできる」と熱心に口説いたが、パリスは乗り気ではなく聞き流していたそうだ。

 その直後のことだ。パーティーの途中にパリスがトイレに行くと、なんとワインスタイン氏が彼女を追いかけていき、パリスが入ったトイレの個室の前に立って「君と話したい」といってドアを開けようとした。

 パリスは恐怖で凍りつきながらも必死でドアが開くのを阻止した。不幸中の幸いだったのはワインスタイン氏が女性用のトイレに入っていたのを目撃したスタッフがいたこと。そのスタッフは警備員を伴ってトイレに入り、ワインスタイン氏を外に追い出して、パリスは事なきを得たという。

 ワインスタイン氏のセクハラ被害を訴えている女優らは60人を超えていると報じられセクハラ騒動は拡大する一方だ。ニューヨーク、ロサンゼルス、ロンドンの捜査当局が捜査に乗り出しており、刑事事件として立件されるのは時間の問題と見られている。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
パリス・ヒルトンもあの大物Pのセクハラ被害に 警備資料/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる