警備資料

アクセスカウンタ

zoom RSS あわや殺人事件…ナイフ所持の乱入者がスペイン代表MFに近づいていた

<<   作成日時 : 2017/10/11 23:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 レアル・マドリーのスペイン代表MFイスコに命の危険があったようだ。スペイン『アス』が報じている。

 9日、スペインはロシアW杯欧州予選グループGの最終予選でイスラエルと敵地で対戦し、1-0で勝利。事件は試合終了後のピッチで起きた。同紙によると、6人のイスラエル人男性がピッチに乱入し、別行動をとった1人がイスコに接近。その男性はナイフを所持していたという。

 幸い、容疑者がイスコに近づく前に地元警察に取り押さえられ、イスコに怪我はなかった。警察官のミッキー・ローゼンフェルド氏は、「警備上の問題はなかった。昨夜の出来事は一般的な警備の範疇にとどまるものです」と選手たちがいかなる危険にも晒されなかったことを強調している。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
あわや殺人事件…ナイフ所持の乱入者がスペイン代表MFに近づいていた 警備資料/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる