警備資料

アクセスカウンタ

zoom RSS 五輪・パラの都負担額、最大9千億円と試算

<<   作成日時 : 2017/05/19 20:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2020年東京五輪・パラリンピックを巡り、東京都が、1兆6千億〜1兆8千億円と試算されている開催経費のうち、都の負担額を最大9千億円と試算していることがわかった。競技会場を抱える都以外の自治体には、警備費など計400億円の負担を要請する方向で検討している。

 経費の分担は、今月下旬に都や国、大会組織委員会、関係自治体が大枠で合意する方向で、調整結果次第では都の試算から変動する可能性がある。

 組織委は昨年、開催経費を総額1兆6千億〜1兆8千億円と試算している。関係者らによると、都はこのほど、予備費(組織委の試算で1千億〜3千億円)を除く総額を1兆3900億円と試算した。組織委の試算より少ないのは、警備費のうち国が担う分を総額から外すなどした結果だという。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
五輪・パラの都負担額、最大9千億円と試算 警備資料/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる