警備資料

アクセスカウンタ

zoom RSS 郡山の殺人で懲役30年求刑 検察側強い殺意指摘、裁判員裁判

<<   作成日時 : 2017/05/17 11:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 郡山市逢瀬町の山林で昨年5月、警備員男性=当時(25)=が殺害された事件で、殺人、有印私文書偽造・同行使などの罪に問われた本籍郡山市、住所不定、無職車田和也被告(27)の裁判員裁判論告求刑公判は16日、地裁郡山支部(井下田英樹裁判長)で開かれ、検察側は有期刑の上限となる懲役30年を求刑した。判決公判は18日午後3時から。


 論告で検察側は「男性名義で借金したことが発覚するのを恐れ、自らの借金返済を免れるために、全く落ち度のない男性を殺害したことは極めて重大」とした。

 一方、最終弁論で弁護側は、車田被告が起訴事実を全て認めていることや更生の可能性を挙げ、寛大な判決を求めた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
郡山の殺人で懲役30年求刑 検察側強い殺意指摘、裁判員裁判 警備資料/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる