警備資料

アクセスカウンタ

zoom RSS 「いざという時のためのスマホの予備バッテリー」持っていますか?

<<   作成日時 : 2017/03/09 00:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2011年3月11日の東日本大震災からもうすぐ6年。

警視庁警備部災害対策課の公式Twitterでは、いつも防災に関する役立つ情報を発信している。その中で2017年1月30日に以下のような発信があった。

「いざという時のため、私は常にスマホの予備バッテリーを持ち歩いています。災害が発生し、電話が通じなくなっても、ネットやラジオで情報収集が出来るし、地図やライトとしても使えるからです。皆さんは防災グッズで常に持ち歩いているものはありますか?」

東日本大震災時には、今ほどまだスマホは普及していなかった。半分以上の人はまだガラケーを使っていた。LINEもまだなかった。電話が通じなくなってしまったが、メールやTwitterなどでの連絡や情報発信は可能だった。現在ではほとんどがスマホで、LINEも普及して日本時のコミュニケーションの基盤になっている。それ以外にもFacebookのメッセンジャーなどコミュニケーションツールも充実している。スマホがあり、ネットに接続していれば家族や職場とのコミュニケーションのほか、ニュース視聴など情報収集も可能だ。

だが、スマホは充電が切れてしまっては、役に立たない。最近のスマホはそれでもだいぶ電池の持ちはよくなっている。だが震災発生後などは電話が不通になり、多くの人が避難所などに集積するので、スマホが電波を探しに行くため、電池の消費が速くなりやすい。そして避難所などでは限られた電源や充電器を求めて行列になる。

警視庁の担当者もTwitterで指摘しているように、スマホの予備のバッテリーは役に立つ。また最近では平時においてもスマホで動画視聴する人が増加している。特に生中継などのリアルタイム動画を視聴しているとすぐに充電がなくなってしまう。そのような時でも予備バッテリーは役立つことが多い。携帯電話ショップや家電量販店で販売している。予備バッテリーはカバンに入れておくには少し重くて邪魔かもしれないが、「いざという時」には結構役立つ。

他にも役立つ情報が多い警視庁のTwitter
ちなみに、この警視庁警備部災害対策課のTwitterは災害時などに役立つ情報が日頃から多く発信されている。例えば下記のような生活の知恵になるような発信も多い。スマホの充電だけでなく、災害発生時の「いざという時」には日常生活では当たり前だったことが当たり前でなくなる。「いざという時」が突然やって来て、無くて困るよりも平時からの準備を忘れずに、もう1度災害時の備品や対策をチェックしておこう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「いざという時のためのスマホの予備バッテリー」持っていますか? 警備資料/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる