警備資料

アクセスカウンタ

zoom RSS 中山秀征 3年ぶりドラマ出演 節目50歳で「挑戦」初の悪役

<<   作成日時 : 2017/03/20 21:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 タレントの中山秀征(49)がNHKドラマ「4号警備」(4月8日スタート、土曜後8・15)で悪役に初挑戦することになった。

 ドラマ出演は、13年8月放送のNHKBSプレミアム「人生、成り行き 天才落語家・立川談志 ここにあり」で談志さんを演じて以来、約3年半ぶり。50歳を迎える今年を「挑戦の年」と位置づけており、初の悪役で新境地を切り開く。

 警察の権限を持たない民間警備会社のボディーガードが、さまざまなクライアントの身辺を警護していくストーリー。中山はブラック企業の社長として、主演の窪田正孝(28)と北村一輝(47)演じるボディーガードに身辺を守られる。

 80、90年代にトレンディードラマを中心に名バイプレーヤーとして活躍してきたが、悪役には縁がなかった。いまや情報番組などでのMCでおなじみだが「今年(7月に)50歳を迎えるということもあり、チャレンジの第一歩として、ドラマを定期的にやっていければと思います」と、俳優業に力を入れていく意思を示した。4月22日放送の第3話に登場する。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
中山秀征 3年ぶりドラマ出演 節目50歳で「挑戦」初の悪役 警備資料/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる