警備資料

アクセスカウンタ

zoom RSS 生活に溶け込むGPS

<<   作成日時 : 2017/03/16 21:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

GPSは子供や高齢者の見守り、車の盗難対策などでの活用が広がっている。

 大手セキュリティー会社は、GPSによる位置検索と警備員の現場急行を組み合わせたサービスを提供。顧客がGPS発信器を借り、パソコンなどから専用ホームページにアクセスすると、発信器の現在位置が分かる。発信器の通報ボタンが押されたり、家族からの要請があったりすれば、警備員が駆けつける。利用者数は増えているという。

 同社では、3基以上のGPS衛星を使って発信器の位置を特定。この場合、実際の位置との誤差は、半径5〜10メートル程度だ。

 顧客の利用目的で多いのは、子供や高齢者の安否確認のために発信器を持たせるケースや、盗難対策で車やバッグに装着するケース。子供の帰宅時間に親が位置検索をするなど、日常的に利用されている。

 運送業者が運行管理で車に装着したり、宅配業者が重要書類を運ぶ際に発信器を入れたりと、「業種に応じ活用方法をアレンジしている」(担当者)という。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
生活に溶け込むGPS 警備資料/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる