警備資料

アクセスカウンタ

zoom RSS <還付金詐欺>1.5倍増に 特殊詐欺の被害総額は減少

<<   作成日時 : 2017/02/02 13:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 2016年の振り込め詐欺など特殊詐欺の被害額は約406億3000万円(前年比15.7%減)で、2年連続で減少したことが警察庁の調べで分かった。一方、認知件数は還付金等詐欺が1.5倍に増えたこともあり、全体で1万4151件(同2.4%増)と6年連続で増えた。警察庁は「被害額は減っているが、依然として高水準。件数も増えており、今後も徹底した対策を進めたい」としている。

 認知件数と被害額の内訳は、オレオレ詐欺が5737件(同1.6%減)で約166億円(同5.2%減)▽架空請求詐欺が3759件(同8.2%減)で約158億2000万円(同15.7%減)▽還付金等詐欺が3682件(同55.0%増)で約42億6000万円(同67.4%増)−−などとなった。特殊詐欺全体の4割を占めるオレオレ詐欺は4年ぶりに件数が減り、被害額も7年ぶりに減少した。

 還付金等詐欺の増加は全体の件数を押し上げたが、既遂1件当たりの被害額は約116万7000円で全体平均の約306万9000円より少なく、特殊詐欺全体の被害額は減少した。

 年齢別では65歳以上の高齢者の被害が1万1041件(同3.8%増)に達した。被害者全体に高齢者が占める割合は78%となり、前年に比べて1ポイント上がった。

 検挙件数は4449件(同8.2%増)で2年連続増。検挙人員は2412人(同3.8%減)で過去最多だった前年に次ぐ水準となった。検挙された2412人のうち、現金受け取り役は1201人と半数近くを占めたが、リーダー格は80人にとどまった。

 事前に詐欺に気付いた被害者が、摘発のため警察の捜査に協力する「だまされたふり作戦」では896人が検挙された。

 還付金等詐欺は都道府県別で大阪(725件)、千葉(481件)、愛知(351件)、神奈川(263件)など大都市圏の被害が目立つ。警察庁は増加の理由について「コンビニなどの現金自動受払機(ATM)を悪用するケースが増え、銀行員による声かけなどで対策を講じるのが難しくなった。注意を呼びかける店内放送や警備業者による見回りなどを徹底し、被害を減らしていきたい」としている。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
<還付金詐欺>1.5倍増に 特殊詐欺の被害総額は減少 警備資料/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる