警備資料

アクセスカウンタ

zoom RSS 県立千葉高でUSB盗難か 生徒の個人情報や入試推薦書など保存

<<   作成日時 : 2017/02/10 12:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

千葉市中央区葛城1の千葉県立千葉高校(鈴木政男校長、生徒960人)で8日午前6時半ごろ、出勤した男性教諭が、2階の進路指導室から自分のUSBメモリー2個がなくなっているのに気付き、翌9日、千葉中央署に通報した。メモリーには生徒の個人情報や、大学入試の推薦書のデータなどが保存されていた。7日の深夜に校内の警備システムが作動していることから、同署は何者かが侵入して盗んだ可能性が高いとみて、詳しい状況を調べている。

 同署と高校によると、7日午後11時25分ごろに警備システムが作動。約10分後に到着した同署員らが校内外を確認したが、玄関は施錠されており、侵入や物色された形跡もなかったという。翌8日朝も、進路指導室は施錠されていたが、廊下に面した入口ドア上部の窓は鍵が開いていた。

 男性教諭は7日午後7時すぎ、同室を施錠し退勤。メモリーの1個は進路指導室内のパソコンに挿したままで、もう1個は机の引き出しに保管していた。引き出しのメモリーには同校の生徒321人分の氏名と英語の試験成績のほか、生徒2人分の大学の入試推薦書などが記録されていた。

 同校は「推薦書は既に発出しており、入試に支障はない。現在、生徒や保護者へのおわびについて検討している」とコメントした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
県立千葉高でUSB盗難か 生徒の個人情報や入試推薦書など保存 警備資料/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる