警備資料

アクセスカウンタ

zoom RSS 小型発信機で徘徊見守りへ  高齢者など専用靴を配布

<<   作成日時 : 2017/02/02 09:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 滋賀県湖南市は1日、靴に装着できる小型発信機を使った高齢者や認知症患者の徘徊(はいかい)見守り活動を始めると発表した。従来のGPS発信機は外出時に身につけてもらいにくい欠点があり、市は対象者に専用靴と小型発信機を無料配布し、3月末までに市内130カ所に専用受信機を設置する。
 警備会社のシステムを活用した国土交通省のモデル事業。2018年度までの3年間で、全国10市町が取り組む。
 専用靴は甲の部分の面ファスナーが袋状になっており、袋状の部分に発信機を差し込んで違和感なく装着できる。予備を含む発信機2個と靴1足をセットに100人分を用意する。
 高齢者が徘徊する可能性が高い道路沿いなどに専用受信機を配置し、近くを通ると位置情報や通過時刻が記録される。記録はインターネットで送信され、家族や警備会社、市などが閲覧できる仕組み。各地域の一般家庭や事業所に受信機の設置を依頼する。専用アプリを取り込んだスマートフォンでも同様に記録でき、広報誌などで市民に取り込みを呼び掛ける。
 市高齢福祉課によると、市内で徘徊の可能性のある高齢者や認知症患者は約50人を把握しているが、従来のGPS端末(有料)の利用者は3人のみ。同課は使いやすい今回のシステムの普及を図り、対象者や家族の安心安全を高めたいとしている。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
小型発信機で徘徊見守りへ  高齢者など専用靴を配布 警備資料/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる