警備資料

アクセスカウンタ

zoom RSS <東京マラソン>警備も多様 走る、こぐ、話す…数千人体制

<<   作成日時 : 2017/02/25 02:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

約3万6000人の市民ランナーが参加する26日の東京マラソンで、ゴール地点が東京駅前の行幸通りに変更されたことに伴い、警視庁はゴールに近い皇居周辺の警戒を強化するなど数千人体制で警備にあたる。

 コースを走って警戒する「ランニングポリス」には、94人が任命された。頭に装着した小型カメラで撮影したコース周辺の映像をリアルタイムで警視庁本部に送る。

 自転車部隊「BEEMS(ビームス)」も小型カメラを使って沿道を警戒。ゴール地点では民間の警備会社が揚げるカメラ付きバルーンの映像提供を受け、上空から混雑状況を確認する。

 2020年の東京五輪・パラリンピックを見据え、外国人向けの警備アナウンスも強化。語学力に優れた機動隊員6人を「DJポリス」に選抜した。

 鎌谷陽之警備1課長は「東京五輪・パラリンピックに向け、安全かつスマートな警備を目指す」と話している。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
<東京マラソン>警備も多様 走る、こぐ、話す…数千人体制 警備資料/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる