警備資料

アクセスカウンタ

zoom RSS 五輪、都外開催費1600億円 組織委試算 輸送・警備費など

<<   作成日時 : 2017/02/22 23:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 2020年東京五輪・パラリンピックをめぐり、大会組織委員会が東京都外の11会場について仮設整備費や警備費、輸送費などの開催総経費が計約1600億円に上ると試算していたことが21日、分かった。費用負担で焦点となっている都外会場の開催総経費の具体的な規模が判明したのは初めて。組織委は既に国や都、開催地の6道県に提示しており、この試算を踏まえ4者でさらに精査を進めていくことになりそうだ。

 試算には仮設整備費のほか、関係者の移動に使うバスの借り上げ、バスターミナル整備などの輸送経費▽警備員の人件費、X線検査機やカメラ設置などのセキュリティー経費▽通信インフラ構築や映像機器使用などのテクノロジー経費−などが盛り込まれた。

 試算によると、サッカー会場となる北海道の札幌ドームは約119億円(うち仮設整備費約27億円)、宮城県のひとめぼれスタジアム宮城が約122億円(同約27億円)。千葉県はレスリングなどを行う幕張メッセが約218億円(同約73億円)となっている。

 このほか、埼玉県はサッカーや射撃など4会場の合計で約643億円(同約187億円)▽神奈川県はサッカーとセーリングの2会場の合計で約285億円(同約54億円)▽静岡県は自転車競技の2会場の合計で約239億円(同約69億円)に上っている。

 ただ、追加種目の野球・ソフトボールとサーフィンの会場は含まれていない。組織委と国、都、自治体の4者は1月下旬から費用負担に関する協議を開始し、これまでに警備や輸送の試算を各自治体に提示している。組織委関係者は「いろいろな仮定を置いて試算しており、それぞれの地域の実態に合わせて議論、精査していく」と話している。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
五輪、都外開催費1600億円 組織委試算 輸送・警備費など 警備資料/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる