警備資料

アクセスカウンタ

zoom RSS 「暴力の祭典になる」とロシアのフーリガン集団が来夏のW杯での暴動を予告

<<   作成日時 : 2017/02/17 20:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

FIFA会長が「問題ない」と語った直後に『BBC』番組内で予告。
 現地時間2月16日、英国メディア『BBC』は、昨年6月行なわれたEURO2016でのサポーター同士の乱闘騒ぎをレポートしたドキュメンタリー番組を放送。その中で、ロシアのフーリガンたちが、「来夏に開催されるワールドカップのロシア大会が暴力の祭典になる」と警告したことを伝えた。
 
 この番組が放送される数時間前に国際サッカー連盟(FIFA)のジャンニ・インファンティーノ会長が、カタールで開かれていた理事会で、「EUROでの一件から学ぶためにUEFAやフランスとは密に情報を共有している。暴動の心配はない」と語ったのだが、会長の思惑とは裏腹に、ロシアのフーリガン集団は暴動を起こすことに自信すら垣間見せたのだ。
 
 同番組でインタビューに応じた彼らは、「あるファンにとってはサッカーの祭典であり、ある奴らにとっては暴力の祭典になる」と発言。さらに、不敵に次のようなコメントを残している。
 
「俺らのような活動に関わる奴らは全員、ロシアでワールドカップが行なわれることを待ち望んでいる。お楽しみの旅行なんてする必要はない。俺たちの敵は当然、イングランド人だ。なぜなら、彼らはフーリガンのご先祖様だからな」
 
 ロシア側がイングランドを標的にする理由は、昨年のEUROでイングランド対ロシア戦が開かれた際、マルセイユの町中で両国のフーリガン団体が衝突し、一部のサポーターが国外退去となっていたからである。
 
 この経緯を踏まえ、ロシアのフーリガンの一人は「100パーセント確実」とイングランドが対抗組織を組むことを予想。「でも、俺たちの仲間は、特殊部隊よりも危険な存在だ」と豪語し、衝突は避けられないとした。
 
 FIFAのインファンティーノ会長は「サッカーを盛り上げよう」と明るく語っているが、『BBC』の報道を見るに、よりいっそうの警備体制の厳重化が必要になりそうだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「暴力の祭典になる」とロシアのフーリガン集団が来夏のW杯での暴動を予告 警備資料/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる