警備資料

アクセスカウンタ

zoom RSS 浜岡原発 対テロ初訓練 武装集団襲撃想定 静岡県警と陸自

<<   作成日時 : 2017/02/17 17:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

静岡県警は17日、陸上自衛隊と共同で、中部電力浜岡原発(御前崎市佐倉)が他国の武装工作員に狙われたことを想定した実動訓練を実施した。共同の実動訓練が浜岡原発周辺で行われるのは初めてで、より実践的な訓練を目指した。県警機動隊や陸上自衛隊第34普通科連隊の計約110人が参加し、武装集団に対処する際の任務の確認や連携の向上を図った。

 訓練は、不審船で国内に不法入国した10人の武装工作員が銃を乱射して複数の検問を突破、浜岡原発方向に向かっているとの想定。

 航空自衛隊御前崎分屯基地に集まった自衛隊車両が浜岡原発に次々に到着。御前崎運動場の臨時ヘリポートに自衛隊ヘリで輸送された想定の警察部隊も合流し、敷地内に検問所を設営した。検問所では武装集団の侵入を警戒し、身柄確保につなげる対応を確認した。

 国際テロなどの緊急事態に備えるため、県警と陸自が締結した「治安出動の際における治安の維持に関する現地協定」に基づく訓練は今回で6回目だが、これまでは自衛隊施設で実施してきた。警備課の八木瑞生警備指導官は「現場把握は非常に大切。県内でもスポーツの国際大会を控える中、テロの脅威は高まっている」と訓練の意義を強調した。



 ■特重施設は「準備段階」

 中部電力浜岡原発(御前崎市佐倉)は他電力と同様に核物質防護規定を作り、厳重な入構管理や監視カメラによる不審者の侵入防止に努めている。テロリストやテロ協力者の紛れ込みを防ぐため、原発作業員の身元確認制度も取り入れている。

 新規制基準は意図的な航空機落下などのテロ行為による施設損壊に備え、緊急時制御室を備えた「特定重大事故等対処施設」(特重施設)を設置するよう求めている。特重施設は遠隔操作で原子炉の冷却を維持するため、原子炉建屋から100メートルほど離れた場所に設置する。設置の期限は「再稼働の前提となる審査に合格し、設備の工事計画が認可されてから5年以内」。浜岡原発はまだ3、4号機の審査中で、中電浜岡地域事務所の担当者は「現在準備を進めている段階」と説明する。

 北朝鮮のミサイル開発への懸念が高まっているが、新規制基準は電力会社に弾道ミサイルなどによる武力攻撃を想定した対策までは求めていない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
浜岡原発 対テロ初訓練 武装集団襲撃想定 静岡県警と陸自 警備資料/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる