警備資料

アクセスカウンタ

zoom RSS 作品はどこ? 茨城・石岡で開催中の展覧会で会場が混乱

<<   作成日時 : 2017/02/16 22:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 国内外のアーティストらの作品を集めた展覧会「いしおかの里山アート展」が開かれている茨城県フラワーパーク(同県石岡市)で、混乱が生じている。一部の作品の展示場所が、リーフレットの表記と異なっているからで、「作品がない」「分かりづらい」と来場者を困惑させている。同園の女性スタッフも「会場として貸しているだけなので…」と困り切っている。

 展示場所が異なっているのは、武蔵野美大(東京都)の学生らが制作したアート作品7点。リーフレットでは入場ゲートの左手にあると紹介しているが、実際は園内の奥にある「フラワードーム」などに分散して展示していた。

 市観光課の担当職員によると、下見した学生たちが当初予定していた場所からフラワードームなどに変更したことが原因のようだ。リーフレットの印刷は、作品の搬入前に済んでいたという。

 さらに「石のアート」と呼ばれる作品3点も、展覧会をプロデュースした同県行方市の芸術家の提案で、リーフレットの記載と異なる場所に展示されている。

 記者もリーフレットを頼りに園内を歩いたものの、全ての作品を見付けることができなかった。

 前出の女性スタッフは「出展品の一覧もないし、(会場に)市の職員が付くのかと思った」と話す。女性スタッフによると、今の時期は河津桜を見ようと平日に高齢者が多く訪れる。展覧会が開催されていることも知らず、「何かあるんですけど」と聞いてくる高齢者もいるようだ。

 指摘を受けて担当職員は、作品の展示場所の変更を周知する新たな印刷物を作成するという。

 展覧会「いしおかの里山アート展」は、アート作品を通じて八郷地区の景観や自然の豊かさを知ってもらおうと、市が初めて企画した。この地域に古くから伝わる「八郷瓦」を用いた作品や、海外のコンペティションに入選した作品のパネル計153点も展示している。会期は3月5日まで。(水戸支局 海老原由紀)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
作品はどこ? 茨城・石岡で開催中の展覧会で会場が混乱 警備資料/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる