警備資料

アクセスカウンタ

zoom RSS <インド>わいせつ被害「女性に問題」…州内相発言に批判

<<   作成日時 : 2017/01/06 23:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

◇IT企業集積地ベンガルール

 【ニューデリー金子淳】IT企業の集積地として知られるインド南部ベンガルール(バンガロール)で女性に対するわいせつ事件が相次ぎ、地元当局の対応へ批判が集まっている。警察の捜査が遅れたうえ、地元州政府の内相が被害を受けた女性たちに落ち度があったかのような発言をしたためだ。インドでは性犯罪の多発が社会問題化しており、人権活動家からは女性の権利を軽視する現状を嘆く声も上がっている。

 地元メディアによると、ベンガルール中心部の路上で先月31日夜〜今月1日未明、新年を祝うため外出していた多数の女性が男の集団に体を触られたり、地面に押し倒されたりする被害が相次いだ。だが、地元州政府の内相は翌2日、地元テレビで「(女性が)欧米人のような服装をするから嫌がらせが起きることもある」などと発言。地元警察は5日、容疑者4人を拘束したが、警備の甘さや捜査の遅れも指摘された。首都ニューデリーの女性権利団体で働くパドマさんは「インドでは、女性に対し『夜間に外出すべきでない』『男性の目を引かない服装をすべきだ』といった考えが根強くあるが、女性にも人権がある。内相は発言を謝罪すべきだ」と批判する。

 インドでは2012年、ニューデリーで起きた女子大生の集団強姦(ごうかん)殺人事件を機に「女性の安全」を求める抗議デモが広まった。政府は厳罰化などの対応を取ったが、その後も性犯罪が多発。昨年11月には南部ケララ州で日本人女性旅行者が強姦される事件も起きている。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
<インド>わいせつ被害「女性に問題」…州内相発言に批判 警備資料/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる