警備資料

アクセスカウンタ

zoom RSS 景気は?給料アップは?企業のトップを直撃

<<   作成日時 : 2017/01/06 23:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

5日、東京都内のホテルで企業のトップらが一堂に会する新年恒例のパーティーが開かれた。今年、景気は良くなるのか?そして、給料はアップするのか?鈴江奈々キャスターが直撃した。

 経団連などが主催するこの祝賀パーティーには、大手企業のトップら約1900人が集った。2017年の景気は良くなるのか?今年も企業のトップに話を聞いた。


■今年の景気は?

 トヨタ自動車・豊田章男社長「これは良くなります。お正月から悪くなると思っている人はいないと思います。やっぱり意志を持って良くしていこうと」

 ローソン・玉塚元一会長「期待を込めて良くなる方向に行くということでこの辺かなと。多くの日本企業の業績は多分いい形になると思う。特に今年の決算というのは、2桁増益みたいな会社がたくさん出てくる。そうなってくると賃金が上がっていくという形になっていく」

 三井物産・安永竜夫社長「良くなる。まだ、まだらもようだと僕は思っていますので、追い風は吹いてきたんですけど、うまく追い風にのれればもっといくし。ただ、風がどう動くか分からない」

 三越伊勢丹HD・大西洋社長「株が上がって円安になって輸出企業の業績上がってということだけでは、なかなか消費は上がってこない」

 今年は取材した12人中11人が去年より景気が良くなると回答した。


■トランプ氏の大統領就任で影響は?

 西武HD・後藤高志社長「トランプ大統領が誕生しますけども、減税・インフラ投資、間違いなくアメリカの景気にとってはプラスになる」

 大和証券グループ本社・日比野隆司社長「ビジネスにフレンドリーな政策のオンパレードと、米国経済がその政策のサポートもあって大変強くなる。日本は当然その恩恵をうける」

 伊藤忠商事・岡藤正広社長「年明け早々に去年末からの流れが続いている。円安は進む株高も進むということですから、今年は昨年よりは期待できるんじゃないかな」

 野村HD・永井浩二グループCEO「保護貿易主義的な通商政策、安全保障政策を打ち出してくると、マーケットに対してはネガティブになる。それ次第」

 みずほFG・佐藤康博社長「今年いっぱいずっと続いていくことはない。晴れのち曇りのように、そんなイメージに株式相場、為替が動いていくんじゃないか」

 トヨタ自動車・豊田章男社長「(円相場の)乱高下は止めてほしい。安定的に推移してほしいというのが願い」


■賃上げは?

 サントリーHD・新浪剛史社長「もともと私たちは年収ベースで3%上げられる、そういう実績をつくっていこう、こういう目標を立てている。重要なのは、私はベースアップよりも、毎年賃金が増えていくことを確実にやっていくことだと」

 野村HD・永井浩二グループCEO「前向きに検討しようと思っています」

 大和証券グループ本社・日比野隆司社長「基本的にはまだ若干、時期が早いんですが、方向としては賃上げの方向で前向きに検討する」

 パナソニック・長栄周作会長「例えば、子育て世代に対しては手当で優遇するとか、そういう賃金体系にしていかなければならない」

 賃上げについては、取材した12社のうち6社が、現時点で前向きな回答をした。


■地方や中小企業は…

 一方、地方や中小企業は、どうなのか?栃木県で開かれた新年祝賀会で賃上げを考えているか聞いた。

 宿泊業「賃上げ、今ちょっと考えてます」

 警備関連会社「(賃金を)上げるべきだと思いますね」

 自動車関連会社「ない袖は振れませんので、身の丈にあった中で環境に適応した賃上げに。そこは引き続き検討していきたい」

 多く聞かれたのは、賃上げに前向きな回答だったが、人材が大手に流れる傾向が強まり、人手を確保するためには賃上げに踏み切らざるを得ないという背景があるという。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
景気は?給料アップは?企業のトップを直撃 警備資料/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる