警備資料

アクセスカウンタ

zoom RSS マカオ、カジノのバカラテーブルで機械故障の混乱に乗じたチップ強奪事件発生

<<   作成日時 : 2017/01/06 23:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

カジノのゲーミングテーブルやスロットマシンでも、しばしば機械やシステム故障が発生し、ゲームが中断することがある。

 マカオでは、すべてのカジノ施設にカジノ管理当局にあたるDICJの職員が駐在しており、そういったトラブル発生が発生した際に厳正な調査を行い、進行中のゲームが有効なのか、無効なのかの最終判断を行っている。

 マカオ司法警察局は1月3日の記者会見で、今年(2017年)1月1日頃、コタイ地区のカジノ施設にあるバカラテーブルでゲーム進行中に機械トラブルが発生した際、1万香港ドル(日本円換算:約15.2万円)分のチップがテーブル上から強奪される事件が発生し、中国人の無職の女(41)を強盗罪で逮捕、送検したことを明らかにした。

 事件の舞台となったバカラテーブルでは、「プレーヤーの勝ち」という結果が出た後、機械故障により電気が落ちてしまったといい、間も無く現場に駆けつけたDICJ職員によって、結果は合法的に決定したものであるとの判断が下された。これを受け、ディーラーが負けたギャンブラーがベットしたチップを回収しようとしたところ、複数のギャンブラーがテーブル上のチップに手を伸ばしてチップを取り返しにかかり、警備員に制止されたが、被疑者の女だけが混乱に乗じてチップを持って逃走したとのこと。

 その後、警察は女の身柄の拘束に成功し、所持品から強奪されたすべてのチップを回収。女は警察の調べに対し、犯行を認める供述をしているという。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
マカオ、カジノのバカラテーブルで機械故障の混乱に乗じたチップ強奪事件発生 警備資料/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる