警備資料

アクセスカウンタ

zoom RSS ブラジル北部マナウス=刑務所で大規模暴動発生=60人死亡100人超が脱走

<<   作成日時 : 2017/01/05 23:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ブラジル北部アマゾナス州マナウス市のアニージオ・ジョビン複合刑務所(Compaj)など4施設で、1月1日午後から2日にかけて脱獄や暴動が相次ぎ、60人が死亡、112人が脱獄したと、3日付現地紙が報じた。
 暴動は、刑務所内のギャングの抗争がきっかけだった。暴動は15時間後に沈静化した。
 アマゾナス州保安局長は、暴動が発生している間は警察による刑務所内介入を避けたと説明したが、現場に駆けつけた家族の一部は、覆面警官が囚人を銃殺するところを見たという。
 アマゾナス州知事は、「事件は全国で起きている麻薬密売者たちの抗争の一部で、わが州も影響を免れなかった」と語った。
 現場を視察した州地裁刑罰執行法廷のルイス・ヴァロイス判事は、「腕や脚、頭などが切り落とされたりした死体の山だった。あんな恐ろしい光景は見た事がない」と語った。
 Compajは昨年10月の監査で、金属探知設備や携帯電話電波の遮断機もない上に、囚人への法的保護や医療体制、教育環境などの質は劣悪な更生施設と判定されていた。
 同市では計184人が脱獄したが、2日夜までに48人が捕まった。
 2日夜、アレシャンドレ・モラエス法相は、暴動の首謀者を見つけ次第連邦刑務所に送るとし、今年は全国の刑務所の整備に18億レアルの予算が割かれるとした。
 アマゾナス州知事も、刑務所の警備強化のため、定期監査の強化、軍警による視察などの即効性のある方策をとると共に、マナウスなど州内3市に刑務所新設の意向を表明した。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ブラジル北部マナウス=刑務所で大規模暴動発生=60人死亡100人超が脱走 警備資料/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる