警備資料

アクセスカウンタ

zoom RSS 自宅に妻の遺体を放置した疑いで逮捕の男性、不起訴処分 福山市

<<   作成日時 : 2017/01/28 07:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

自宅に妻の遺体を放置し遺棄したとして、広島・福山市の男性が逮捕された事件で、広島地検は男性を証拠不十分で不起訴処分にした。
不起訴処分となったのは、福山市東川口町に住む、62歳の警備員の男性。
男性は、2016年9月下旬から11月下旬までの間、自宅の2階に妻の遺体を放置し遺棄したとして、死体遺棄の疑いで逮捕・送検されていた。
警察の調べに対し、男性は「死体があることは知らなかった」と容疑を否認していた。
2カ月もの間、顔を合わせず気づかなかったというのは不自然として逮捕していたが、広島地検は27日、証拠不十分で不起訴処分としている。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
自宅に妻の遺体を放置した疑いで逮捕の男性、不起訴処分 福山市 警備資料/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる