警備資料

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ペッパー」警備、接客に使用  犯罪や事故を未然防止へ

<<   作成日時 : 2017/01/21 19:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

警備やビル管理を手掛けるユニティガードシステム(東京都、八木陽一郎社長)は人型ロボット「ペッパー」を警備、接客に使用するためのアプリ「ユニボット」を開発し、20日から福島市の宮脇書店ヨークタウン野田店で実証実験を始めた。

 ペッパーはソフトバンクロボティクスの製品。ユニボットはペッパーのカメラ機能を活用して、事前に登録した不審者の顔を判別する。不審者が来店した場合、画像を担当者のスマートフォンやタブレットに送信して知らせることで万引などの犯罪や事故の未然防止につなげる。

 店内を巡回して来店者に売り場を案内したり、インターネットを通じて取得した天気の情報を伝えたりもするという。ソニーでAIBOを手掛けた大槻正氏が開発した。実証実験は1カ月間行われる。同店を運営するこんの(福島市、紺野道昭社長)はロボットの防犯効果を見定める考えだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「ペッパー」警備、接客に使用  犯罪や事故を未然防止へ 警備資料/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる