警備資料

アクセスカウンタ

zoom RSS 入札の基準金額、HPで閲覧状態に 大阪・交野市、職員のチェックミス

<<   作成日時 : 2017/01/19 18:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

大阪府交野市がホームページ上に公告した市立小中学校の警備業務に関する一般競争入札をめぐり、非公表の予定価格の算出根拠となる設計金額が、5日間にわたり閲覧できる状態だったことが18日、市への取材で分かった。職員によるミスが原因といい、市は1月末に始まる予定だった入札をいったん中止した。

 閲覧状態となったのは、平成29〜33年度の市立小中学校の警備業務委託の設計金額のうち、警備員の人件費部分。同業務委託は昨年末、市議会で約3億3800万円の補正予算案が可決し、入札の参加業者を募集していた。

 市によると、市教委学校管理課の担当者が公告に掲載する工事設計書を作成する際、警備員の人件費などを算出する計算式や、市側が見積もった人件費の総額を削除しないまま、市財務課に提出。財務課の担当者も十分にチェックせず、1月13日からホームページに工事設計書を公開した。

 17日に業者からの指摘で発覚して削除。31日からの入札は中止した。センサーなど機器費用の部分は掲載していなかったが、業務委託の設計金額の大半は人件費が占めるという。公告は18日に修正して再開し、2月8日から再入札する。

 市財務課は「設計金額の大部分がホームページ上に記載されたのは職員のミス。再発防止に努めたい」としている。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
入札の基準金額、HPで閲覧状態に 大阪・交野市、職員のチェックミス 警備資料/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる