警備資料

アクセスカウンタ

zoom RSS プレミア史上初! ユナイテッドがテロ対策長官の役職を設置、トラッフォードはテロの標的

<<   作成日時 : 2017/01/18 23:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

爆弾騒ぎで試合を延期していたマンU
マンチェスター・ユナイテッドの本拠地オールド・トラッフォードは、世界的に知られるスタジアムだが、クラブはその有名な本拠地が過激派テロリストたちの標的になっていると認識している。そこでプレミアリーグのクラブで初めてテロリスト対策長官の役職を設置しスタジアムの安全面を強化するという。

2015年に起きたパリ同時多発テロ事件では、フランス対ドイツの国際親善試合が行われたスタジアムの周辺でも犠牲者が出ており、マンチェスター・ユナイテッドはこの事件をきっかけに安全面を強化していると英『Daily Mail』が伝えた。

マンチェスター・ユナイテッドの本拠地オールド・トラッフォードは、世界的に知られるスタジアムだが、クラブはその有名な本拠地が過激派テロリストたちの標的になっていると認識している。そこでプレミアリーグのクラブで初めてテロリスト対策長官の役職を設置しスタジアムの安全面を強化するという。

2015年に起きたパリ同時多発テロ事件では、フランス対ドイツの国際親善試合が行われたスタジアムの周辺でも犠牲者が出ており、マンチェスター・ユナイテッドはこの事件をきっかけに安全面を強化していると英『Daily Mail』が伝えた。

過去、マンチェスター・ユナイテッドは、訓練で使用された爆弾の模造品がスタジアムで発見されたことから、ボーンマスとの試合を延期していたり、11月に行われたアーセナル戦の前日には、スタジアムツアーに参加した2人のファンがトイレに隠れ一晩過ごしたという事件が起きていた。今後、セキュリティを強化し問題を未然に防げるよう対処していく。

http://www.theworldmagazine.jp

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
プレミア史上初! ユナイテッドがテロ対策長官の役職を設置、トラッフォードはテロの標的 警備資料/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる