警備資料

アクセスカウンタ

zoom RSS 関西にも今シーズン“最強寒波” 15日にかけ警戒を

<<   作成日時 : 2017/01/14 21:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

強い寒波の影響をうけて近畿各地でも雪が降り、交通などに影響が出ています。14日夜から15日朝にかけさらに警戒が必要です。

滋賀県彦根市では雪のため道路で立ち往生した車を、警備員が押して動かしています。

今シーズン最強の寒波の影響で、近畿地方の北部や山間部は大雪に見舞われました。

彦根市では午後8時の時点で、32センチの積雪が観測されています。

交通機関にも雪や強風などの影響が出ています。

東海道新幹線で午後8時現在、最大35分の遅れが出ているほか、JRでは山陰線の一部などで運転の見合わせをおこなっています。

空の便では14日、伊丹空港を発着する予定の43便が欠航がしました。

播但連絡道では午後8時45分現在、和田山インターチェンジから福崎北インターチェンジの間で、上下線で通行止めをおこなっています。

近畿地方の上空にはこの冬一番の寒気の流れ込みが続くため、15日にかけても断続的に雪が強まり、近畿北部を中心に大雪が続く見込みです。

中部と南部の平地でも雪がつもる恐れがあります。
15日午後6時までの24時間に予想される雪の降る量は、いずれも多いところで近畿北部と中部の山地で60センチなどです。

15日の朝は、路面の凍結などにより交通機関がさらに乱れる恐れがあります。
時間に余裕を持ってお出かけ下さい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
関西にも今シーズン“最強寒波” 15日にかけ警戒を 警備資料/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる