警備資料

アクセスカウンタ

zoom RSS トルコのサッカー場付近で連続爆発、死傷者204人に

<<   作成日時 : 2016/12/11 20:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

【AFP=時事】(更新)トルコ・イスタンブール(Istanbul)で10日に発生したサッカースタジアム付近での2件の爆弾攻撃で、38人の死亡と166人の負傷が確認された。死者の多くは警察官だった。

 爆発があったのは、イスタンブールのサッカーチーム、ベシクタシュ(Besiktas)の本拠地でボスポラス(Bosphorus)海峡に面したボーダフォン・アリーナ(Vodafone Arena)近く。ベシクタシュとブルサスポル(Bursaspor)の試合終了後にスタジアムの外で自動車爆弾が爆発。それから1分もしないうちに近くのマチカ公園(Macka Park)で男が自爆した。

 今のところ、2件の爆弾攻撃に関する犯行声明は出ておらず、トルコ当局も関与が疑われる組織などには触れていない。

 スレイマン・ソイル(Suleyman Soylu)内相はイスタンブールで記者会見し、死者のうち30人は警察官、7人は民間人で、1人は身元不明だと発表した。爆弾攻撃との関連で数人の身柄を拘束したという。

 ソイル内相によると、まずボーダフォン・アリーナの外で自動車爆弾が爆発し、その45秒後に当時多数の多数の警察官がいたマチカ公園で男が自爆した。

 爆発がサッカーの試合直後だったことについて、レジェプ・タイップ・エルドアン(Recep Tayyip Erdogan)大統領は犠牲者の数を最大限にすることを狙ったものだと述べた。

 ベシクタシュはイスタンブールで最も人気の高いサッカークラブの一つで、そのファンは反体制的なものの見方をすることで知られており、2013年には当時首相だったエルドアン大統領への抗議活動で大きな役割を果たしたことで知られる。

 クラブによると、ベシクタシュの役員で試合の警備を担当する人物と公式グッズショップの従業員が犠牲者の中にいるという。【翻訳編集】 AFPBB News

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
トルコのサッカー場付近で連続爆発、死傷者204人に 警備資料/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる