警備資料

アクセスカウンタ

zoom RSS 報ステ・小川彩佳アナ「森喜朗会長とは犬猿の仲なんですか」…小池知事に直球質問

<<   作成日時 : 2016/12/02 00:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

小池百合子東京都知事は11月30日、テレビ朝日系の報道番組「報道ステーション」に生出演した。東京五輪競技会場計画の見直しを協議する「4者協議」にも言及。「(費用削減は)バナナのたたき売りではない。『東京五輪は素晴らしかった』というモデルにしたい」と持論を展開した。主なやり取りは以下の通り。

 −−(富川悠太キャスター)4者協議への都民の評価の映像が流れたが、どう受け止めたか

 「よくコメンテーターの方が2勝1引き分けとか言うのですが、だれが勝ってだれが負けているのか、勝負の話ではない。都民のお金が有効に使われるのか、アスリートにとって競技をする上でよい環境なのか。IOCが乗り出してきてご苦労だが、残りの日数のこともありできるだけ早く結論を出したい」

 −−急遽、フルオープン(公開)になったが、IOC会長に直談判したのか

 「全体が見える、やりとりが透明な中で東京の考えを示したいと」

 −−都もIOCも経費削減で一致していると?

 「一致しています。オリンピックアジェンダ2020という冊子があるが、今のバッハ会長が持続可能性の大会と東京大会もそうあれと言っている。できるだけ費用をかけずに中身のある大会にしようということで、この(冊子の)中には既存の施設を最大限活用してください、運営費を削減しようと言っている。今回3つ目が決まらなくてクリスマスまでに答えを出しますよというふうに申し上げた、横浜アリーナの案だが、既存の施設を使うという点ではIOCの方向性に合っている」

 −−建設費ということなんですが(パネルを示しながら)これだけすでに減ったと?

 「ただカーペットでバナナのたたき売りをやっているつもりはなく、私はやっぱり記憶に残る会場と大会と、そして施設がその後も赤字を垂れ流すことなく使われる方向でやっている。ただ安ければいいというふうには思っていない。ただ経費は削減し、かつほかの大会、そのあとの大会に迷惑をかけないという、『東京は素晴らしかった』というモデルにしたい」

 −−横浜は地図を見ると狭い道もあり、アスリートファーストという点ではウオーミングアップ施設が必要という声も出ている

 「その施設はつくります。ただ、できないという理由ばかりを探すのではなく、できる理由を探し、経費を削減し、だけど必要な投資はしますと申し上げている」

 −−組織委員会は横浜アリーナを強く否定しているが?

 「それはもう有明でいきたいというご意向だから。それでは400億かかりますよねと申し上げている。その選択肢として横浜はどうだと。私は、できる理由を探してベストを尽くしたいと思う」

 −−周辺道路封鎖について横浜市から都がやってほしいといわれているそうだが、期間中この周辺が経済が止まってしまことを考えると、この1カ月弱で結論を出さなければならない

 「時間を浪費するつもりはありません。クリスマスまでにと期限も切った。有明アリーナもいつの間にか、海の森もそうなんですけれども、(パネルを示しながら)これかつて千億円までいっていた物件なんですね。それが半分になり、そして今回も仮設にしようということで。仮設って安っぽい響きがあるので(呼び方は)『スマート』に変えた」

 「値段をただただ下げるというよりは、ボート・カヌーの場合、全体でどういうふうにこれからすばらしい地域にしていくか、エンピツをなめなめして点で考えるのではなく、全体でどう付加価値のある地域にするか、私は頭を切り替えて考えている」

 −−常設よりも「スマート」で考えているのか

 「仮設の定義はあると思うが、最大限使える形にしたい」

 −−あとは総費用の問題。このままなら小池さんは3兆超えると。森さんは2兆円以内に収まるのではと言っている

 「五輪会場に手を挙げるところがいなくなってしまうという最大の持続可能性の問題となる」

 「そうはいっても施設費用は意外に少ない。あと警備とか交通とかいろいろ出てくる。有楽町の国際フォーラムを使うとお店をどうするという話が出てくる。ヨットだと漁業権はどうだとか。これから、忘年会シーズンだが会費はお一人4000円ぽっきりとかいうが、いろいろ頼むと会費よりも高くつく(笑)。そこはマネジメントが必要だ」

 −−総費用で、こうやったら減らせるのにということはありますか

 「ボランティアの活用とかいろんな智恵を出していく。民間の企業に手を挙げてもらってその力を生かすということになれば結果として削減になる」

 −−海の森でも豊洲でも、入札のシステムを見直す考えは? 

 「豊洲などはスカイツリー2本分くらいできるような費用をかけあそこまで膨らみましたね。それこそどんどん継ぎ足していった結果ですね。(入札システム見直しは)ベストはなかなかないが、少なくとも1社入札で落札のあれが99%というね、1社だとそうなるんですけれども、やはりすべて皆さんに公開して判断していただくことにしたい」

 −−(小川彩佳キャスター)森会長との関係は水と油で、犬猿の仲ともいわれているが?

 「それはメディアがそういう図式が面白いということなんでしょうけどね。私は都民の立場でものを申し上げている。役割の違いだと思う。(両者は手を携える?) それはオールジャパンで取り組むべきことでしょう」

 −−(富川悠太キャスター)昨日(11月29日)を見る限りは小池さんが主導権を握るように見えたが?

 「主導権とか、メディアが面白がった報道で、あまり興味がない。だれかが引っ張っていかないとなかなか決まらないのでは。昨日はIOCがうまくリードしてくださった」

 −−(後藤謙次・コメンテーター)4者協議の枠はどうされるのか?

 「ケース・バイ・ケースですね、これからね」

 −−クリスマスの発表はどういう場面でされるのか

 「またお楽しみに(笑)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
報ステ・小川彩佳アナ「森喜朗会長とは犬猿の仲なんですか」…小池知事に直球質問 警備資料/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる