警備資料

アクセスカウンタ

zoom RSS 尖閣諸島の警備にも・・・16都道府県の警察官が沖縄に派遣 県警負担額は2530万円

<<   作成日時 : 2016/12/07 17:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 県警の池田克史本部長は6日の県議会11月定例会で、東村高江周辺のヘリパッド建設に伴う県外機動隊の投入以外に2013年9月以降、16都道府県の警察官が尖閣諸島や重要施設の警戒警備のために県内へ派遣されていると述べた。

 13年9月以降、県内へ派遣されたのは北海道や警視庁、大阪、福岡などで、県公安委員会が援助要求した。池田本部長は要請理由を「県内のさまざまな警察事象に的確に対応するため」と説明。人員や期間などについては高江警備と同様、「警察の対応能力などが明らかになる恐れがある」として、明かさなかった。

 また高江警備について、全国から来ている機動隊の活動経費の県警負担額が10月末現在、車両の燃料費が約2240万円、修繕費が約290万円の計約2530万円に上ると答弁した。

 宮城一郎氏(社民・社大・結)の代表質問に答えた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
尖閣諸島の警備にも・・・16都道府県の警察官が沖縄に派遣 県警負担額は2530万円 警備資料/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる