警備資料

アクセスカウンタ

zoom RSS 豊洲が目指す市場の姿 維持費が「築地より高くて無駄」は妥当か

<<   作成日時 : 2016/12/31 19:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

豊洲は、築地市場の代わりになれるのか。限界を迎えた築地の移転がようやく決まったかと思えば、問題が取りざたされ、豊洲への移転はまだ決着を迎えていない。高く評価されてきた「築地ブランド」を引き継ぐ役割を担う豊洲は、そもそもどんな市場を目指しているのだろうか。【BuzzFeed Japan / 瀬谷 健介】

【写真】築地の活気にあふれる姿

築地が「限界」だから移転に
築地市場は、1935(昭和10)年に開場した。

それ以来、81年もの間に使われてきた多くの施設は、老朽化に悩まされている。雨漏りをよくするし、「ターレー」と呼ばれる運搬車やフォークリフトが走り回る通路には、大小のくぼみがところどころにある。

東日本大震災で、本館の壁にひびが入るなどの被害に遭い、耐震性への懸念もある。
応急処置に年間約1.5億円かかるが、修復は追いついていない。

築地市場の設備課長を務める吉田順一さんは、BuzzFeed Newsにこう話した。

「『築地は持ちますか』と質問されれば、現場で働く身からすると、『非常に厳しい』と答えるしかありません」

作業スペースが足りないため、半屋外で魚をさばき、荷物を屋外に置かざるを得ないのが、当たり前になっている。すぐ横では、トラックがアイドリングしているのに。

屋内も吹きさらしのため、排気ガスが内部に入り込む。環境基準は超えてはいないが、都が8月に調べた空気中のベンゼン濃度は、築地市場の方が豊洲市場よりも高い。

このように、建物の安全性や環境面の問題が浮上していたから、移転が決まった。

豊洲であるべき理由
移転先の条件はこうだった。

・約40ヘクタールのまとまった敷地が確保できる

・都心部の周辺で、高速道路や幹線道路にアクセスしやすい

・築地が築き上げてきた商圏に近く、機能面と経営面の双方で継続可能

豊洲をはじめ、いずれも都内の晴海地区や有明北地区など計5地区が候補に上がった。だが、すべての条件を満たす場所は、豊洲しかなかった。

築地の果たす機能を引き継ぎ、さらに活気あふれる市場にするための設計・建設がされた。

建物と環境面の安全性で揉めにもめた
当初は、2016年11月に豊洲へ移転することが決まっていた。ところが、もともと、東京ガスの工場があったため、土壌が汚染されていた。

そこで、小池百合子知事は「最後の地下水の調査結果が出る来年1月まで待って、安全だとわかったら移転しよう」と延期を決めた。

その後、本来ないとされた地下空間の存在がわかり、そこに溜まった水から汚染物質が検出され大騒ぎに。建物と環境面の安全性をめぐって揉めた。

豊洲の安全性を検証する都のチームは10月、まず建物に関して「法的に安全」だとの認識で一致した。

地下空間が耐震性を下げることはなく、重機や水の重さで床が抜けることはない、と設計を担当した日建設計が否定した。チームの専門家たちは異論を唱えることはなく、同意した。

地下水の汚染物質など環境面に関しては、都による調査結果が出る来年1月以降に判断する。

渋滞と事故を防ぐための広大な敷地
鉄道輸送を前提に作られた築地は、自動車輸送には向いていない。活気あふれる早朝には特に、トラックやターレー、オートバイなどがひしめき、渋滞が深刻化している。

公道のような交通ルールはなく、事故だって多い。

都によると、2014年度、市場には約2100台のターレ、約450台のフォークリフトが登録された。その年に、414件の交通事故が、うち152件が人身事故だった。

そのため、豊洲では渋滞と事故の多さを改善するため、広大な敷地を確保した。築地の敷地面積が約23ヘクタールに対し、豊洲はおよそ1.8倍の約41ヘクタールだ。

築地とは異なり、豊洲ではターレーの屋内での走行に限られ、駐車場や通路に十分な敷地を割いている。敷地に余裕があることから、スムーズな商品の輸送が可能になるとしている。

空調を管理して鮮度を保つ「コールドチェーン」
生鮮食品を扱う以上、商品の品質を可能な限り維持する必要がある。食品ロスを防ぎ、安全のリスクを低減することも、取引先の信頼を得るには重要だ。

そこで豊洲では、品目ごとの徹底した温度管理で、産地から消費地まで流通させる「コールドチェーン」を導入する。農林水産省は、コールドチェーンと品質管理を市場の「標準装備」としている。

豊洲は閉鎖型の施設として、品目ごとに空調を管理して鮮度を保つ。さらに、埃や塵、風雨などの影響をできるだけなくし、衛生面のリスクを避けるよう努める。一般の人たちが入れるのは、築地とは違って飲食ができる特設の施設に限られる。

世界では、FAO(国連食糧農業機関)とWHO(世界保健機関)の合同機関が発表した「HACCP(ハサップ)」と呼ばれる衛生・管理システムが推奨されており、豊洲でもその基準を満たすと掲げている。

農林水産省による統計では、水産物と青果の輸出先のほとんどをアジアと米国が占めている。ハサップ基準の達成を要求しているEUへの輸出量を高める狙いもある。

都の担当者はこう話す。

「コールドチェーンもハサップも完璧とは決して言えません。ですが、世界の安全基準に近づけるように考えられています」

公開された仲卸の売り場に、間仕切りがあり、『作業スペースが足りないのでは』との疑問も上がった。市場関係者は、作業を問題なくスムーズに進められるのか。

「間仕切りは、衛生管理法を守るために必要なのです。区画を設け、その中で作業をしてもらい、衛生面の責任の所在をはっきりさせないといけません」

豊洲では、マグロを切るなどスペースが足りない場合は、共同作業場での作業も可能となっている。

「築地では、家賃を払っていないスペースを使って物を置いたり、魚を切るなどしている業者もいました。豊洲に移転したら、きっちりと区画を守ってもらいます」

1日2100万円の維持・管理費は妥当なのか
移転費用に約4000億円かかるが、中央卸売市場の担当者は「一般会計からの補てんや補助は受けないので、税金が使われることはない」と説明する。

市場業者が都に納めている使用料などの独立採算の会計で賄われるといい、不足した分は、築地の跡地を売却した収入で補う。

しかし、豊洲が使われていない間にも電気・水道、警備費などで1日あたり500万円かかる。開場後には1日2100万円になる。これは築地の約4・9倍だ。

築地の機能を超えた衛生管理や品質の安定を目指し、車の渋滞や事故を防ぐための広大な敷地を警備することで高くなる。

「『築地より高いから無駄だ』との声もありますが、築地以上に品質や安全を確保するのにはどうしてもコストがかかるのです」

小池都知事は、早くても2017年冬に移転する見通しを示している。築地は12月30日に年内最後の営業を終えた。毎年恒例の初セリは、来年の1月5日だ。その年の年末、市場関係者は果たしてどこで威勢のいい声を上げているのだろうか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
豊洲が目指す市場の姿 維持費が「築地より高くて無駄」は妥当か 警備資料/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる