警備資料

アクセスカウンタ

zoom RSS 石垣市長、陸自受け入れ表明…500人規模想定

<<   作成日時 : 2016/12/26 20:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 南西諸島の防衛体制強化のため、防衛省が進める沖縄県・石垣島への陸上自衛隊配備計画について、同県石垣市の中山義隆市長は26日、受け入れを正式に表明した。

 市役所で記者会見を開き、「市民の生命、財産を守る立場として配備に向けた手続きを開始することを了承する」と述べた。

 防衛省によると、大規模災害や離島攻撃の際に初動対応を担う警備部隊や地対空、地対艦ミサイルの部隊などを配備する計画で、人員は500〜600人規模を想定している。一部住民は配備に反対したが、同省は住民説明会を開くなどして理解を求めてきた。

 中山市長は会見で、石垣市の尖閣諸島周辺での中国公船による領海侵入や北朝鮮のミサイル発射などに触れ、「安全保障環境は厳しさを増している。南西諸島地域の防衛体制の充実が極めて重要であるとの認識を持っている」とした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
石垣市長、陸自受け入れ表明…500人規模想定 警備資料/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる