警備資料

アクセスカウンタ

zoom RSS 五輪経費「負担のあり方確認を」 10道県市が共同要請

<<   作成日時 : 2016/12/26 20:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2020年東京五輪・パラリンピックの費用負担をめぐり、都外の開催会場となる神奈川県など10道県市の知事や幹部が26日午前、都庁や大会組織委員会を訪れ、「負担のあり方が変わることを不安に思っている。改めて原理原則を確認してほしい」と共同で要請書を出した。小池百合子都知事は「皆さんの協力は必須条件」と述べ、開催自治体に負担を求める姿勢は変えなかった。

 組織委は21日、大会総経費が1兆6千億〜1兆8千億円になるとの試算を公表。招致時の「立候補ファイル」で組織委負担としてきた仮設施設の整備について、2800億円のうち2千億円を組織委以外が担うとした。仮設整備のほかにも、警備費などのソフト対策も含めた1兆1千億〜1兆3千億円を都や国、関係自治体に負担するよう求めている。負担の分担はまだ決まっていない。

 26日に要望書を出したのは、村井嘉浩・宮城県知事、森田健作・千葉県知事、黒岩祐治・神奈川県知事、上田清司・埼玉県知事のほか、北海道と静岡県、札幌、さいたま、千葉、横浜市の幹部ら。要請書では、「(招致当初の)計画に基づくことが原則だと改めて確認して頂くよう要請します」と求めた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
五輪経費「負担のあり方確認を」 10道県市が共同要請 警備資料/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる