警備資料

アクセスカウンタ

zoom RSS ローマ法王のクリスマスメッセージ、テロ行為犠牲者に慰めの言葉

<<   作成日時 : 2016/12/26 20:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

【AFP=時事】ローマ・カトリック教会のフランシスコ(Francis)法王(80)は25日、バチカンのサンピエトロ大聖堂(Saint Peter's Basilica)での毎年恒例のクリスマスメッセージで、中東の平和を訴え、テロリズムの犠牲者らに慰めの言葉を贈った。

 法王は同大聖堂のバルコニーから、6年近く続くシリアの内戦で「あまりにも多くの血が流され」、移住者、そして住居を追われる人々が数多く生じたとしながら、同国で銃声が止むことを求めると述べた。また進展の兆候があまりみられない、イスラエルとパレスチナの問題に対しては「歴史の新たな1ページを記す勇気と決意を持つこと」、さらには「残忍なテロ行為の結果として大切な人を亡くした人たちには平安を希望する」と語った。

 天候に恵まれた同日、世界のカトリック教徒12億人を率いる法王を見上げる広場には約4万人が集まったが、広場を埋め尽くすほどには至らなかった。

 独ベルリン(Berlin)のクリスマス市にトラックが突入し、12人が死亡した19日の事件直後の休祭日とあって、欧州では治安警備が大幅に強化されている。【翻訳編集】 AFPBB News

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ローマ法王のクリスマスメッセージ、テロ行為犠牲者に慰めの言葉 警備資料/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる