警備資料

アクセスカウンタ

zoom RSS 全国で77万ろうそく燃え上がった…「憲法裁は“弾劾決定”をためらうな」

<<   作成日時 : 2016/12/18 23:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「朴槿恵大統領の退陣」求める8回目のろうそく集会 大統領府・首相官邸・憲法裁などに分かれて行進
 朴槿恵(パク・クネ)大統領の退陣を要求する8回目のろうそく集会がソウル都心で開かれた。保守団体も弾劾反対の対抗集会を開き、警察が両者間の衝突防止に努めた。

 「朴槿恵政権退陣のための非常国民行動」(退陣行動)は17日午後5時、ソウル光化門(クァンファムン)広場で「朴槿恵の即刻退陣と共犯の処罰・弊害清算の日」集会を開いた。寒波を考慮し、同日の集会は、事前行進はなく招待された歌手の公演で事前行事を始めてから、本行事に入った。参加者らは前日、朴大統領側が憲法裁判所に提出した答弁書で「弾劾の理由がない」と述べたことを糾弾し、朴大統領の即刻退陣を要求した。憲法裁の迅速な審理も促した。退陣行動は「国民の命令は『朴槿恵の即刻退陣』しかない」とし、「今、大統領になりすまして“朴槿恵なき朴槿惠体制”を強行する黄教安(ファン・ギョアン)首相は直ちに辞任し、憲法裁は一寸たりともためらうことなく、朴大統領を速やかに罷免すべきだ」と主張した。

 主催側は午後8時基準で、光化門一帯に延べ(累積)65万人が集まったと推算した。警察は午後7時頃、1カ所に集まった最多人数を約6万人ほどと推算したという。本行事が終わった午後6時30分頃から、大統領府と首相官邸、憲法裁判所につながる4つのルートで行進と集会が行われた。行進を終えた隊列は夜8時に再び光化門広場に集まり、整理集会を開いた。

 弾劾に反対する保守団体も対抗集会を行った。「朴正煕(パク・チョンヒ)大統領・陸英修,(ユク・ヨンス)女史(朴正煕元大統領夫人)崇慕会」など50以上の団体で構成された「大統領弾劾棄却のための国民総決起運動本部」は同日午前、憲法裁判所周辺の鍾路区(チョンノグ)安国(アングク)駅前の三一大路(サミルデロ)一帯で弾劾反対集会を開催した。参加者たちは「朴大統領は、北朝鮮追従勢力とマスコミの扇動によって強引に弾劾された」としたうえで、「左派勢力は憲法裁に対する脅迫を直ちに止めて、憲法裁は弾劾審判を棄却することで、歴史に残る正義の審判を下せ」と要求した。主催側は集会に100万人が参加したと主張した。警察は1カ所に集まった最多人数を約3万人ほどと推算したという。

 母親部隊奉仕団など他の保守団体も、世宗文化会館前の世宗路(セジョンノ)の小さな公園で同様の性格の集会を開き、弾劾案を議決した国会を糾弾した。セヌリ党のキム・ジンテ議員はこの場で、「先週、国会が議決した弾劾は過ちであり、憲法裁が必ず棄却するだろう」としたうえで、「左派たちは大韓民国の国民すべてが朴大統領を捨てたと扇動しているが、まだ大統領を見捨てない市民がこんなに多いことを示せば、裁判官たちも動揺せず正確な判決を下すことができる」と主張した。彼は前日のセヌリ党院内代表に親朴系のチョン・ウテク議員が当選したことに触れながら、「我が党の院内代表選挙が無事に終わった」とし、「昨日の選挙結果が変わったなら、大韓民国の建国と産業化を達成し、民主化まで成し遂げた保守政党の命脈が完全に尽きるところだった」と話した。

 彼らは、憲法裁に弾劾審判の棄却を促した後、ソウル駅に向けて行進した。警察は同日、ソウル都心に警備兵力228中隊(約1万8200人)を配置し、ろうそく集会と保守団体の集会参加者間の衝突防止と安全管理に努めた。行進途中、双方が声を荒げる場面もあったが、これといった衝突はなかった。

パク・スジ、コ・ハンソル記者(お問い合わせ japan@hani.co.kr)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
全国で77万ろうそく燃え上がった…「憲法裁は“弾劾決定”をためらうな」 警備資料/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる