警備資料

アクセスカウンタ

zoom RSS スーパー防犯灯2基、再稼働 JR浜松駅周辺

<<   作成日時 : 2016/12/17 09:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 浜松市中区のJR浜松駅周辺に設置され、同市のNPO法人「県CC緑化協会」(大橋千秋理事長)が整備を続けてきた「スーパー防犯灯」の2基が16日、再稼働を始めた。2基のうち、鍛冶町南スクランブル交差点のスーパー防犯灯前で記念式典が開かれた。

 スーパー防犯灯は高さ約4メートル。上部に防犯カメラを備え、緊急通報ボタンを押すとブザーが鳴り、警備会社のALSOKと無線でつながる。市内では県警が同駅周辺で10基を運用していたが2013年に故障。同法人が後継となり、スーパー防犯灯に取り付けた固定看板と電子掲示板の広告収入による運営準備を進めてきた。

 鍛冶町南のスーパー防犯灯は固定看板と電子掲示板に1社ずつ広告掲出企業が付いた。式典は地元自治会や警察、行政の関係者ら約20人が出席。大橋理事長が「皆さんの熱意でスーパー防犯灯が復活した。今後も運営できるよう広告掲出企業の推薦などで支援を願いたい」とあいさつし、関係者でテープカットを行った。

 スーパー防犯灯の1基当たりの設置費は約400万円で、今回の2基の費用は同法人が負担。この2基の運営継続や残り8基の設置のため、広告掲出企業を募っている。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
スーパー防犯灯2基、再稼働 JR浜松駅周辺 警備資料/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる